2016 1st 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島

3連敗で臨んだリーグ2試合目。この試合で引き分けは痛い…という試合でした。

名古屋とは明らかにチーム完成度に差があり、90分間通して広島の時間帯と言っても過言でない程、試合を支配したと思います。ただゴールが遠い…。

名古屋は成熟度の違いを理解していて、「ゴール前をしっかり固めてカウンター」に賭けてましたけどそれが上手くいきましたね。「意外に」といっては失礼ですが、小倉監督はしっかりとチーム状況を理解して広島に対しての対抗策を立ててきてました。それを強引にでもこじ開けられなかった広島の負け、に近い引き分けとなった試合だったと思います。

そもそも、失点についても千葉と林の連携ミスというお粗末さ…。本当にもったいない失点を続けます。試合を通しては良いパフォーマンスなんだけど悉く失点に絡んでいる千葉ちゃんは一回外してみるのも良いかもしれません。休ませる、という意味でも(塩谷しかり、浅野しかり)。

もっともこれまでなら追加点を奪われて落としていた試合を引き分けに持ち込めた、とも言えるのか。ただ、名古屋はほとんどカウンターを仕掛けられず簡単なパスミスでボールロストしていたから、他の出来上がったチームと比べると…やっぱりまだ低空飛行ではないかな。

チームパフォーマンスは悪かったのか?と言われると、そんな事はなく、試合の入りから明らかに勢いを持ってましたし、全員が最後まで走り続けて今季一番の出来だったと感じました。ここら辺は森保監督にかなりの発破をかけられたんだろうな、と推測されます。

先発も茶島ではなくウタカを持ってきて少し変化をつけてました。その辺の采配も良かったと思いますが、交代枠はどうだったんでしょうか?いつもより早い時間帯に浅野を投入。その浅野はやはり決定的なところで仕事が出来ず。どう考えても寿人を残した方が良かったと思います。今の寿人は交代で退くようなパフォーマンスとは思えません。それぐらい守備、攻撃、繋ぎに活躍していると思います。昨季の成功体験から抜け出せないのは分かりますが、今の浅野では寿人以上の働きは出来ないと思います。ACL先発組で分けた方が良さそう。

あと柴崎重宝も不要です。今節でも相手の守備陣形が整わないショートカウンターが何度かありましたが、柴崎だと攻撃に怖さがありません。どこに出すか迷っているうちに相手が戻ってきて、仕方なくバックパスというシーンが2度ぐらいありました。あれには私も激おこプンp…ゲフン、ゲフン。 …腹が立ちましたよ、えぇ。もし交代するのであれば柴崎が一番だったでしょう。

ちなみにこの試合のMOMは宮原。カズの不在を全く感じさせないどころか、(この試合の出来だけに関して言えば)カズ以上の存在感がありました。ガンバの井手口ぐらいの運動量もあったのではないでしょうか。「残念、そこは宮原」のシーンを何度も見れました。遂に青山、カズの牙城を崩せそうな存在が現れました。このまま順調に自分を出してボランチのポジションを奪う勢いを見せて欲しいですね。

あとウタカもかなり良いパフォーマンスでした。簡単なパスミスもありましたが、もう少し連携が深まると寿人へのラストパスも見られそう。ここも楽しみ。柏は何度か切り返しのドリブルで相手を翻弄してました。コンディションが良くなってきたのではないでしょうか。ミキッチは自分のワロスに相当ストレスが溜まっていたのか?ようやくゴールアシストをした瞬間、誰よりも「ウォッシャラァァァァーー!!」という雄たけびを上げていました。なんか笑った。まぁこれをいいキッカケとしてクロスの質が上がると嬉しいですね。

さて、シーズン最悪の入りとなってしまいましたが、選手達のコンディションは上がってきているように見えます。茶島、宮原という若手も存在感を出しています。昨季よりも確実に戦力は上がっているはず。ここから!ここからの巻き返しに期待しましょう。次こそ勝利を!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です