ACL GS FCソウル vs サンフレッチェ広島

公式戦3連敗。厳しい船出の2016年となりました…

選手個人のプレーを見ていくとそんなに悪くない(悪かったのは丸谷ぐらい)。でも昨季まで出来ていた「厳しい時に耐え切る力」が無い。もしかすると深刻なのかもしれません。

この試合でも先制点の直後、10分も経たない内に失点してしまいました。同じ過ちを繰り返した上、(相手の外国人選手が上手かったのはあるにせよ)簡単に追加点を奪われてしまいました。チームにも悪い空気というか、「先制してもまた取られるんじゃないか?」という雰囲気が感じられました。それで実際にやられる、と。

森保監督も「まず守備から」が出来ていないから困るだろうな。修正、確認したくても連戦ですから実戦の中で刷り合わせていくしかありません。監督のモチベーターとしての能力に期待するしかないです。

ちなみに采配は問題ないかと思います、というより最善でしょう。
代表しか見ないライト層やサンフレサポーターじゃない人からは「8人も選手代えて惨敗って。ふざけるな」と思われるかもしれませんが、ずっと見てきている側としてはベストメンバーで臨んでいるのは間違いないです。大体、最終ラインは塩谷、千葉、水本と昨季のレギュラーで固めているんです。フィルターとなる宮原もカズに劣らないプレーで相手の勢いを止める仕事をしてました(丸谷はちょっと酷かったけど)。

「んじゃ、広島が弱いだけジャン」と言われるのですが、「いや、まぁ、その…えと、そうですね」としか言えないのが現状。悔しいけど。

ただ「選手が劣っている」とか「ターンオーバーでACLを捨てた」のとは違う、というのは主張しておきたい。多分、川崎戦のメンバーでも点差こそあれ、試合内容に大差はないでしょうから。

問題なのはチームとしての粘りが無くなっている事。結局、悪いのは選手なんですが「もう一歩、もう半歩」のプレーが出来ていないのだと思います。ギリギリのところで体を張るとか、競り負けても自由にさせないとか、ディテールの部分で一人ひとりがサボっているのが試合結果に顕れているのかな。勿論、選手はサボっているつもりは無いのでしょうが、最後のところで簡単にやられているという事は、そうなのでしょう。実際、失点のところは大体ボールウォッチャーになってますしね。

まぁそんなわけで気になった選手ですが、まず浅野。森保監督は彼をベンチ外に置く勇気を持つべき。それぐらいパフォーマンスは悪いです。もっと言うと塩谷も外すべき。この2人は疲労によるコンディション不良が顕著。浅野を外しても宮吉が居ます。この試合で後半終了前に少し出ましたが、ボールを持って前に運べる上手さが何度かありました。パスも出せそう。同時に交代出場した皆川が行方不明なのに比べて少しでもカラーを出せてました。

塩谷の代わりは宮原が居ます。彼もビックリするぐらい成長した選手の一人です。丸谷が「落ち着かせるべき流れ」で簡単にボールを失ったり、プレッシャーが弱いアリバイみたいな守備をして幻滅させるプレーだったのに対し、しっかりと相手に体をぶつけて自由にさせない守備、カズ並みのインターセプトを見せたり、大事な役目である後方からのビルドアップをこなしたり、明らかに私の中で「宮原 > 丸谷」という評価に変わっています。右サイドもできるので塩谷の代わりには充分。

野津田は一人で頑張ってたな。攻撃もチグハグでなかなか自分のプレーを見せる事はできなかったけど、最後まで一人で(文字通り一人で粘り強く!)ボールを追いかけている姿勢は他の選手も見習うべき。野津田のああいうところが大好き。森保監督はあれだけ前で動ける野津田をもっと使うべきです。

キム・ボムヨン、良かったと思います。トータルで見ると他のメンバーに劣りますが、前への推進力は素晴らしい。悲しいかな、欲しいタイミングで塩谷から全然パスが出なかった事。もっとお互いを知り合う必要があります。ただ、青山が居れば逆サイドに展開しようとする時に彼が疾走する景色が浮かびます。パスはもう少しレベルアップが必要ですけど。

水本はちょっとダメですな。失点シーンでも相手に前に入られるしボールウォッチャーにはなるし…。あとキャプテンは千葉ちゃんがやった方が良いと思う。チームを鼓舞したり落ち着かせるのは千葉ちゃんの方が向いてると思います。

唯一の救いはFC東京が勝った事。ガンバも韓国アウェイで引き分け、浦和はホームで快勝。ウチも何とかその流れに乗りたいですね。今は我慢の時だと思います。例えターンオーバーに対する批判が出ようとも森保監督はブレずにやってくれると思うので、選手がしっかりと期待に応えるプレーをしてくれる事に期待しましょう。次のホームは必ず勝利を!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です