ACL GS サンフレッチェ広島 vs 山東魯能

日テレNewsで良かったんか!
知らなかったから日テレG+を契約してしまいましたわ。カープならまだしも何でサンフレッチェ観るために巨人中心の番組なんか契約せんとアカンのや。せめてMyスカパーで「日テレNews」でもACLの生放送見れますよ、ぐらい説明して欲しい。500円無駄や…。しかも巨人やし、最悪。

という愚痴はさておき、さすがに昨季のターンオーバーを見ていると知りたくなるなるACL。という事で、ACLも見ていく事にしました。

スタメンは青山、塩谷以外は全面的に代えてくると思ったのですが、意外にも6人程度。森保監督も大事な初戦という事で慎重な選択をしたのでしょう。

試合自体は典型的な負けパターン。
決めるチャンスが何度もありながらも外し続け、ようやく枠に飛んだ清水のゴールで先制するも直後に失点。相手の勢いをそのまま受けて更に失点を重ねて敗戦。森保監督の采配もそうですが、そもそも決定機を外し続けた選手達の責任は重いですね。

序盤から圧倒的にボールを支配。いつ点が決まってもおかしくないシチュエーションでありながら相手の体を張った守備もありボールが枠に飛ぶ事はなく0-0で試合が進みます。相手に流れを渡す最大の要因はミスだと思うのですが柏、塩谷がことごとくパスミスを連発すると徐々に主導権は相手になり守備の時間も増えます。

それでもボールを持つと青山、丸谷、ウタカを中心にパスを回して相手エリアまで攻め込むのですが、浅野は激しい寄せにボールを収められず、皆川はいつも通り行方不明、サイドはなかなか深い位置までえぐる事ができず清水も柏も封殺されている状況。

前半終了間際、中央からの崩しで浅野がPA内で完璧に抜け出すも、シュートかパスかよく分からない意思のこもっていない浮き球で外します。直後のCKではボールがそのままゴールに吸い込まれるものの、皆川のキーパーチャージを取られてノーゴール。

後半も流れは変わらず。良い攻撃はするものの決めきれず、逆にカウンター一本でやられる恐怖が頭をよぎる怖い時間帯になってきました。

64分、この試合は終始良いプレーと悪いプレーが混在した塩谷ですが貴重な先制点を演出。相手陣内でボールを強引に取りきるとPA深くまで侵入してクロス、ボールは逆サイドの清水にこぼれ、それを豪快に相手ゴールに突き刺しました。

チャンスを潰し続けた中、それでも先制できたので「これ勝った!」と思ったのですが、そこから悪夢の展開。

最近の広島では珍しく、やられてはいけない時間帯にやられます。先制直後の3分後、相手DFも攻め込む前掛かりな攻撃を捕まえ切れずコーナーに逃げると、そのコーナーキックでニアに飛び込んだ選手を塩谷が捕まえ切れずにゴール。あっさりと同点にされます。

せめて15分ぐらい耐えると相手も攻め疲れ、こちらも慣れてカウンターの目もあるのですが、相手の要求通りの展開にさせてしまったのは痛かった。そして同点直後、「ここがチャンス」とばかりにフレッシュな選手を投入する山東魯能。これまた相手の要求通りカウンターを喰らい、水本が完全に出し抜かれてPAタッチライン際での折り返しをキッチリ押し込まれて逆転。広島のやりたかった事を完全にやられました。

逆転されたとなると是が非でも得点が欲しい。ましてホームです。が、森保監督は動かない。プランが崩れたのでしょう、どうするか逡巡する間に時間は過ぎ、野津田の投入は逆転されてから7分後、後半40分に入った時でした。この短い時間で何ができるというのか…。

それでも見せ場は作ります。野津田のCKにドンピシャで千葉ちゃんが合わせたのが最後のチャンス。しかし、それも相手GKのファインセーブでゴール外へ弾かれます。

試合はそのまま終了。耐える時間に耐えられず、警戒しているカウンターでトドメを刺されるという、久し振りにキツイ展開を見ました。監督の采配力でも相手に軍配が上がったような気がします。

さて、選手達の雑感ですが浅野、柏、塩谷辺りはちょっと酷かったですね。森保監督が浅野に期待しているのは分かるのですが、今日の出来であれば早めに下げるか、味方からも姿を消す事で有名な皆川を下げてトップに持っていくべきだったと思います。また柏はコンディションが良くないように思えます。富士ゼロックスでもオ・ジェソクを抜けきれなかったですが、この試合でも相手に完全に抑えられてました。またパスミスも多かったのでキム・ボムヨンと交代させる方が良かったかな。

塩谷は良いのか悪いのか…。良かったプレーヤーでも挙げたいし、悪かったプレーヤーでも挙がってくる感じ。パスミスを減らしてシュートを枠に飛ばしましょう、ぐらいかな。

皆川が出てくるとテンションが下がるのは私の信者力が足りないからなのか。相変わらずボールを収められない、身長のわりにヘディングで競り勝てない、成長が全く感じられない選手の一人です。あれでしたら宮吉の方が見たかったですね。

清水は上々の出来だったと思います。柏は完全に抑えられてましたが、清水の方はそこそこ勝負できていたかな。もっと清水サイドを使っても良かったと思います。千葉は抜群の安定感。パスミスは何度かあったものの致命傷には至らず。とにかくボールを持つと安心します。

水本は…ワーストに近いですね。特に失点シーンですが、PA内で相手のフェイントに引っ掛かってスライディングしたのですが、あっさりかわされて完璧なラストパスを供給されました。あれって「フェイントに引っ掛かった」というより明らかに体力不足が原因で、相手のフェイクに知ってて乗っかった「お願いだから当たって!スライディング」だったと思います。もし前半の体力がある状態であれば、あんな届きそうもない、相手に釣られるようなスライディングはしないでしょう。失敗した後でゆっくり歩いているのを見てもそうです。

あのワンプレーだけでも失望ですが、試合を通じてのバックパスの多さ、自分が苦しいからといって狙われている味方(青山、清水)へのパスとか、ちょっと良いプレーとは言い難い事が多かったです。奮起を期待してたんですけど、これでは佐々木に勝てるはずもない…。

ウタカは富士ゼロックス杯でのプレーがフロックでない事を証明してみせました。浅野があまりにも酷い出来だったから、せっかくパスを出したのに浅野で奪われる事が多かったですが、ほとんどのボールをしっかり収めて味方に供給してたと思います。ただ、ここで先発させたのは疑問が残ります。皆川、野津田、浅野で良かった気がします。後半から皆川→ウタカで浅野をトップに上げるだけで得点の匂いがプンプンします。

浅野、ベンチに下がった時の顔を見れば自分自身がどれだけ悪かったか知ってるでしょうし、次戦に期待します。

最後に森保監督ですが、もう少しターンオーバーして欲しかった気がします。選手を代えるタイミングも「?」だったし、柴崎のファーストチョイスも違うような気がしました。それに交代するなら真っ先に柏を代えるべきだったと思います。攻撃自体は(青山がフリーでボールを持てるお陰もあって)非常に良かったという点から動きづらいというのもあったのかな。それでもゲーム展開を考えると後手後手、手遅れな采配という印象でした。

次戦はアウェーですから、メンバーも結構いじるのかな?
決定機を外し続けた攻撃陣に喝を入れてあと5戦、頑張ってください。

という事で自信を持って臨んだACL初戦は敗戦でした。結果だけ見たのですがFC東京も負けたとか。うーん、厳しい。

もうこうなったら浦和とガンバには是が非でも勝って欲しい。「サンフレッチェは本当に内弁慶やな」とか揶揄されると思うけど仕方ない。Jリーグ代表として強さを見せつけてやって欲しい。

ももももちろん広島も残り5戦は勝つけどさ、うん。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です