天皇杯 準々決勝 サンフレッチェ広島 vs FC東京

いよいよ今季最後のタイトル、天皇杯に向けての勝負が始まりました。

サンフレッチェはリーグ終盤で痛い敗北を喫したFC東京が相手。
リベンジの意味も込めての対決は延長までもつれ、2-1の勝利。最後は森重が退場に追い込まれるまでギリギリの守備をせざるを得なかった東京。地力の差が出た勝負だったと思います。というか浅野の凄さが目立った試合だったのではないでしょうか。

相手に退場者が出て逆に難しくなる試合というのはよく見られます(広島で言えば特にペトロヴィッチの頃はありましたねぇ)。10人で逆に距離感が良くなって良い攻撃に繋がったり、今回のパターンでいくと完全に守り固める方針に割り切り1点を守り抜く形。

でも今のサンフレッチェは数的有利をはっきりと試合で示す事が出来ています。「物理的に10人の方が不利」をしっかりと証明しています。いわゆる強か、というやつですか。もちろん東京もしっかりと守りを固めていましたが、若干カウンターで仕留めたいという欲も見え隠れ。そんな思惑を打ち砕くように圧倒的にボールを支配する広島。

浅野の同点弾は柏からのクロス。東京はPA中に5人ぐらい居ましたが、その隙間を突くようにフリーで浅野がヘディング。上手くゴール枠内に入れて同点。こうなると負ける気がしません。あとはどうやって追加点を決めるか、というだけでした。

東京としてはこの段階でフレッシュな人間を入れていれば、まだカウンター一発に賭ける事もできたと思うのですが動きませんでしたね。まぁこちらとしてはそのままの流れでボールを支配でき、何度かチャンスを演出。決めきれないのが反省点ですが、延長に再び浅野が頭で合わせゴール。終盤になるにつれ足が止まってきた東京と最後まで走りきった広島。タフなチームが勝利しました。

審判には言いたい事はありますが、止めておきましょう。ウチからすれば「完全なオフサイド」、東京からすれば「最後の千葉のスライディングはPK」。どちらにも言い分はありました。

選手はCWCの流れからの試合でしたが、世界を相手に戦えた自信をそのままピッチ上で表現できていたのではないでしょうか。「今季はもう観たくない」皆川も出てましたが…。もう色々書いてるので私の皆川評は伝わっていると思うので一言だけ。「せめて寿人より走れよ!」

それにしてもドウグラスはなぜJに戻ると雑グラスになるのか…。決定機も外すし、まだ少し疲れが溜まってますね。ガンバ戦は控えに回って決勝に備えた方が良いと思います。後はみんな良い動きでしたね。林がCWCを引きずっているのか、不安定な足元を披露したり少し心配かも。

次戦はまたガンバ。
もういいよ、というぐらいガンバとやってますが、どっちも勝ち残るから必然的に対戦数が増えるもんなんですよね。

今季は散々広島に苦杯を嘗めさせられてるから相当の気合でやってくるはず。そしてCSのように恐らく先発は長澤を当ててくるはず。(仮にもしパトリックだと安心。こちらには空中戦の鬼、佐々木がいますから。水本だとヤバイけど)

多分ボランチコンビは青山と丸谷になると思います。丸谷がどれだけマークを外す走りができるかに掛かってくると思います。カズとは違う動きでガンバの思惑を逸らす事を期待。

受け過ぎると相手のペースになってしまいます。先発になるであろう寿人と浅野、茶島がどれだけ前線から守備ができるかにもよりますが、ボールを持った時にしっかりと繋いで自分達のペースに引き込む事が大事。舵取りとなる青山、丸谷(千葉)の果たす役割は重要。相手の「相当」の気合を跳ね返す気概をピッチで表現して欲しいですね。

☆3つと言わず、今季で4つになるよう、そして山岸を決勝の舞台に連れて行けるよう、頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です