CWC 3位決定戦 サンフレッチェ広島 vs 広州恒大

2015 FIFAクラブワールドカップのサンフレッチェ、最後の試合はアジア王者の広州恒大との対戦となりました。

メンタル的にどうかと思いましたが、早々に失点。難しい試合になってしまいましたが、後半相手の足が止まってくると広島が試合を支配。何度もチャンスを作るなかでしっかりと同点、逆転弾を決めて見事にアジア対決を制しました。

メンバーは宮原を先発に起用、カズを外して丸谷、寿人と浅野は同時起用、茶島を3戦連続で先発、と見所のある先発でした。疲労が濃い塩谷を残し空中戦に強い佐々木を控えさせた事、両ウィングをさほど弄らなかった事には少なからず驚きました。まぁ佐々木よりは塩谷を真ん中に置いた方が良いのかな。むしろ後半からの交代枠に期待感がムンムンの先発、控えメンバーでした。

試合序盤、最終ラインが塩谷、水本、宮原、そして丸谷と完全にポジションも人も変わって少しナーバスになっているところを攻め込まれて落ち着きがなかった広島。試合開始4分での失点は早々に試合を難しくしてしまいました。

ただ、そこからは流石の広島。慌てず騒がず、試合展開や広州のプレーに慣れていくと徐々にカウンターでも遅攻でもチャンスを作り出していきます。特に広州の強みであるブラジル人トリオをしっかり抑えた事。ここさえ無力化しておけば充分通用する相手です。相手は疲れもあってか徐々に試合から消えていきました。あの辺の広島のチームとしての強かさは鹿島っぽい。

後半からは広島の時間。満を持してドウグラス、柏を投入。短い時間なのでペース配分をそれ程気にする事無く存分に暴れまわる柏。ドウグラスはまだ疲れが残っているようでしたが同点、追加点と全得点を叩き出しストライカーとしての仕事をこなしました。

勝ち越し後、一度だけピンチがありましたが、それ以外はしっかりとボールを跳ね返して相手に何もさせずに試合終了のホイッスル。お祭りの最後はしっかりと勝利で締め括ることができました。

ここで負けていると「やっぱりJリーグは…」のフレーズが溢れかえるところでした。そういう意味でもサンフレッチェが勝ちきった事はJリーグの為にも良かったと思います。もちろんお互いが難しいコンディションの中でベストメンバーでもなかったわけですからACLとはまた別の話ですが、この舞台で勝てた事は大きかったでしょう。まぁ嬉しいというより、しっかりと結果を残せてホっとした気持ちが大きいですね…。

そういった総力戦の中でも広島は強さをみせてくれたと思います。
宮原は序盤は少し落ち着きがなかったですが、試合が進むにつれ良い動きをしてきたと思います。塩谷と同じぐらい判断良く攻撃に出たり、競り勝てなくてもしっかりと体を当てて自由にさせない空中戦。大舞台でも臆せずやれてました。

丸谷はやっぱりカズと比べるとまだまだ。運動量やパスの選択は良いけど守備がね。カズのカバーリングの上手さと相手を自由にさせないポジショニング、遅れても必ずディフェンスにいく姿勢をもっと身に付けないと来季も控えになってしまうでしょう。

この大会における林は少しナーバスになり過ぎてたかな。まるで2014年の林を見ているような不安感が残りました。ただ、まだ天皇杯があります。今季を締めくくる神セーブを期待してます!(というか、林が活躍するような試合じゃダメなんですけど)

水本はやっぱり全盛期じゃないですね。無難といえば無難だけど、以前のように相手がボールを受けた瞬間に刈り取るようなプレーはこの試合を含めて今季は一度も見た記憶がありません。そしてこの試合に限っていえば縦パスが全て相手へのパスになっていました。佐々木とは差が付いてきたように思います。

塩谷、青山、お疲れ様。どんなに疲れていても絶対に外せない選手なんですよね。自分の才能を恨んで欲しい。

特に青山、このような世界大会だと自由にさせてもらえるから輝けますね。結構パウリーニョとやりあってましたが負けてませんでした。というか、ゲームへの関わりからすると勝ってたと思います。今季の不調続きだったリーグ戦から大事な終盤での復調。シーズン通して波を感じましたが、大事な後半に調子を上げてくれたのは広島の助けとなりました。

浅野はフル出場。青山から2回?裏への飛び出しでチャンスを迎えましたがどちらも決めきれず。ただその姿に寿人超えを見た気がします。もしかすると来季は今の立場が逆転する可能性もあります。もしくは寿人、浅野、ドウグラス(柴崎、野津田)で後半から寿人交代で1トップに浅野というパターンも有り得ます。まだ天皇杯がありますが、本当に飛躍した年でしたね。

両サイドバックは結局、清水、柏、ミキッチ、佐々木で回してたのかな。高橋、山岸は出番がありませんでしたが、何かが足りなかったんでしょう。もっとも茶島も柴崎、野津田が居たら出番は無かったかもしれません。そういう意味では本当に控え選手はしっかりと準備が出来ているんですね。

厳しい日程の上、初日から同じポジションで怪我人が2人も出るという中で、森保監督はメンバーを上手くやり繰りしながら戦ってきました。賞賛以外の言葉が見つかりません。シーズン序盤の私の暴言は水に流して下さい、すいません、ごめんなさい。

Jリーグアウォーズの後に天皇杯が待っています。ここでも森保監督の采配に注目。恐らくかなりのメンバーをターンオーバーしてくるんじゃないかと期待しています。不思議ですね、今では大幅なターンオーバーでそのメンバーがどこまでやれるか楽しみにしている自分がいます。ペトロヴィッチ監督の頃は「試合捨てたな」ぐらいしか思わなかったのに…。

まぁその前にもう少しご褒美が待ってます。Jリーグアウォーズで誇らしく輝くサンフレッチェ広島、それから市内パレード。疲れが取れるか分かりませんが、晴れ舞台を楽しんでもらいたいです。天晴れ!!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です