ナビスコ杯とかハリルジャパン

今更ですがナビスコカップ、鹿島の圧勝でしたね。
勝負に掛ける執念が凄まじかったです。前日の記者会見の雰囲気で「何なの?あのガンバの余裕」と違和感を感じて、絶対に鹿島にボコボコにして欲しいと願ったわけですが、あそこまでワンサイドゲームになるとは…。

今週末にそのガンバとの大一番を迎えている広島としては、この結果が良いのか悪いのか。少なくとも優勝して調子に乗られるよりは良いのかな。ただ「鹿島にリベンジしたいから、広島に勝って鹿島を2nd優勝させてCSで勝負だ!」とふんどしを締め直して向かって来るという感じもして嫌な感じでもある。

まぁその通りになると完全に広島はただの引き立て役になってしまいますので、それは断じて許すまじ話なわけで、鹿島のように圧倒的な強さじゃなくても良い、粘り強い試合をして絶対に勝ってもらいましょう。

鍵になるのは間違いなくパトリック。ナビスコでの鹿島はソッコと昌子で完璧に抑えてました。ウチはどうかな。正直、水本が全盛期とは程遠いパフォーマンスだから厳しいのは目に見えてますが、絶対に競り負けないように頼みます。この際、前半の内容如何によっては佐々木の投入もアリだと思いますよ。

そして日本代表の発表がありましたね。
相変わらずハリルの選手選考のセンスの無さには絶句です。
まぁ「準備期間がー」「体脂肪がー」「年齢がー」というような、素人には理解できない謎理論の持ち主ですからね…。35歳だろうと、それこそ40歳だろうと別にどうでも良いじゃない。本当に日本代表で活躍できるならそんな数字に意味なんて無いですよ。

あと準備期間が短いなら本人の慣れているポジションをやらせて選手の良さを引き出せよ、と。

私が日本代表で見てみたいとすれば、柿谷、武藤(マインツ)、中村俊輔、原口、香川、高萩、柴崎、柏、関根、内田(ケガ?)、青山、阿部、米本、塩谷、昌子、森重、林卓人、東口辺りですかね。

まぁ、広島脳なので広島のフォーメーションをイメージしながらなんですけど、柿谷はDFの裏取りが上手い、武藤、原口は仕掛けるプレーが出来る、俊輔、高萩はボールを散らせる、カウンターと攻撃センスなら香川と柴崎のクオリティが活きる、柏、関根は今のJリーグだと運動量も豊富で技術もトップクラスだから無条件で選出、青山は現在の調子は良くないけど見たい、米本の運動量が青山の鈍足をカバー、阿部はボールを狩る仕事のプロフェッショナル、塩谷も本調子じゃないけどDFであれだけ足元が上手いのは心強い、昌子、森重は本職のCB、林は(私の中で)今季のMVPだから当確、東口も充実。西川は個人的感情により選外。サイドバックやDFのバックアッパーは知らん。

本田?長友?絶対に要らん!!
ワールドカップで「俺達は優勝を狙ってる」とかいうお花畑発言。あのC・ロナウドですら「僕達はワールドカップを優勝できる力が無い」と現実を見据えてるんですよ。

まして先のイランとの親善試合でも、決定的シーンの数からしても負けなかったのがラッキーという試合内容。それでも「引き分けは妥当の結果」と仰る…。どれだけ危機感が無いのか。

「敵に克つには己を知れ」という言葉を送りたい。

まぁ、そういった長友や本田をチョイスしている時点でハリルクオリティなんでしょう。

さて、日本代表は早く負けてハリル解任に動く事を願い、今週末のリーグ戦ではサンフレッチェが勝つ事を願いましょう。頑張れ!森保!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です