2nd 第15節 ヴァンフォーレ甲府 vs サンフレッチェ広島

残り4試合となってからというもの、全て苦手な相手ばかりで苦しい戦いが続いてます。

一戦必勝、目の前の試合を勝ちきって何とか「川崎」「甲府(アウェイ!)」をこなす事ができました。

この甲府戦もドウグラスの「蹴ったら決まった」シュートで先制できたからこそ勝ちきる事が出来ましたが、もし0-0で推移していたとしたらどこかでポロっと失点をして敗戦していたかもしれません。本当、薄氷を踏むような勝利だったと思います。

劇的にしろ、粘り強くにしろ、勝ち切れているというのは良い事ですが、やはりこの試合でもDF陣の弱さは目に付きました。千葉、水本、塩谷、やはりボールホルダーに対する寄せや当たりは弱く、バレーに簡単にボールを収められてました。これじゃまたナビスコのようにパトリック無双されそうです。そして青山もそうですが、ドウグラスの自陣での不用意なファールの多さ。遠藤の格好の餌食になりそうです。何よりもボールホルダーへのファーストディフェンスが弱くて相手に余裕を与えてしまうのはどうだろう。阿部、宇佐美、倉田に蹂躙されそうです。

勝ちはしても内容の悪さは、やはり気になります。粘り強く戦えてるのか、たまたま相手のフィニッシュ精度に助けられているのか。恐らくその両方ですが、次節のガンバだと「フィニッシュ精度」に助けられる事はないと思った方が良いので、うーん…苦戦必至だな。

まぁまぁ、私はそんな感じで物事を悪い方向へ考えてしまう性癖なので、選手としては「やれてる」手応えは感じているのかもしれません。何よりしっかりと結果を出し続けているという事は多いに誇って良い事だと思いますしね。

ただ、森保監督さー、最後に皆川は無いんじゃなかろうか?とは思いました。正直、途中交代で入って良かった事なんて1回あったかどうかのレベルじゃないですか。ハイボールも収められない、前からの守備も足が遅いから相手の脅威にならない、ワントップに入るから浅野の良さが消えてしまう。うーん、皆川を応援してる人には悪いけど、来季は武者修行に出てもらった方が良いと思います。本当、アギーレに潰されたなぁ…という印象。

さて、残り2試合。
絶好調のガンバ、そしてガンバ以上に絶好調の湘南が相手です。もうここまで来たら年間首位を狙って勝つしかありません。こんな胃が痛くなるような緊迫感のある試合を最後までしてくれる森保監督、選手を全力で応援して、頂点に立ちましょう。何より次節こそ寿人のゴールで勝利をもぎ取りましょう!!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です