2nd 第13節 サンフレッチェ広島 vs FC東京

がーーー!何で負けるかな!?何でホームでいつも勝てないかな!?

ホームが鬼門になりつつあるサンフレッチェ。大事な大事な上位直接対決で負けてしまいました。

まぁ、この試合が既に消化試合で首位争いに何ら関わりのない試合であるとすれば素晴らしい試合だったのは間違いなし。東京は攻撃では迫力に欠けるものの、守備意識の高さが賞賛に値するもので、ボールホルダーに近い選手が必ずプレッシャーを掛けにいき相手を自由にさせず、セカンドボールへの対応も常に先手を取っていました。あれだけ激しい守備を90分間継続できるとは…本当に凄い。もっとも米本や徳永といった運動量豊富な選手がベースになってるのもあるんだろうけど。

それにしても引き分けに終わった鳥栖よりも悔しくない、まさに「勝った方が強かった」に偽りの無い試合だったと思います。

対する広島も東京の守備に悪戦苦闘しながらもしっかりと際どいところまで持っていける回数が何度かありました。フィニッシャーの精度が力みすぎて残念だったのですが、武器であるカウンターの鋭さはあれだけ堅い東京に対しても見せることは出来ました。最強の矛と盾の試合だったと思います。

失点シーンも相手に当たってコースが変わるという不運があったものの、そもそもPA内でシュートを打たれている時点でダメだと思います。もっとPA前で激しくいくようにしないと抜かれるのを怖がってズルズル下がるだけの守備はアカンでしょ。

柏の離脱は多少痛かったのはあるにせよ、清水の出来が悪かったとは思いません。何度か良いクロスも上げてましたし、柏ほどではないにせよ充分に働いてくれたと思います。むしろミキッチの緊急離脱の方が痛かったですね。あれで今季初出場?の山岸になってしまいました。失点後の「何が何でも追いつく」チーム状況に一人付いていけてないというか、慣らし運転に近い緩いプレーでした。もちろんそれは仕方ない事で、コンスタントに出場していたわけでもないし、いきなり120%で残りを頑張れ!と言われても無理があります。事実、体がまだ慣れてないのかボールが足元に付いてませんでしたし。ミキッチなら強引にでも2~3人を抜きにかかるゴリブルとか仕掛けるんですけど、それが無くなったというのが痛かった。

青山は前節に続いて青山でしたわ。ようやく終盤にきて青山が戻ってきた!というかこの試合、青山と寿人の気合がハンパなく感じられました。この2人はやっぱり別格なんかな。でも寿人は今節も決められず…。次節、なんとか決めてもらいたいですね(やっぱり寿人には高萩が必要だと思う…高萩戻ってくれないかなぁ)。

ドウグラス、ボールが収まるんだけど絶望的にパスが下手だわ。PA前じゃないとドンピシャのパスが出せないのだろうか…。そこだけが唯一の残念!

柴崎、実は私的には戦犯なんですけどね。シュートは枠に飛ばず、フリーキックも枠に飛ばず、CKはチャンスにならず、パスミスで相手にリズムを持っていかれたりと散々だった気がします。正直、柴崎が先発に復帰して勝率悪くなってませんか?鳥栖、東京戦と既に勝点4を落としました。勝てたのは絶不調にあえぐ清水のみ。だったら野津田で良いじゃん?少なくともCKは雰囲気のあるボールを蹴れるし、シュート力もあります。何より守備を頑張ってくれます。本当、森保監督はいま一度、野津田を先発に戻す事を考えて欲しい。今の柴崎ではスーパーサブで充分でしょう。

塩谷は攻撃では存在感がありますが、本職の守備がちょっとルーズかな。もっとタイトに相手に寄せて自由を与えない守備をして欲しい。

幸いにして、今まで稼いできた大量の得点によってまだ2ndステージの首位には立っていますし、年間首位でも何とか勝点差3でギリギリ追える状況です。しかし残り4戦はまさに「一戦たりとも落とせない」厳しい状況になってしまいました。もちろん浦和や鹿島、東京が自滅してくれると良いのですが、チーム状況を見る限り大崩れはしないと思います。

残り試合を見ると川崎、甲府、ガンバ、湘南と「どれも勝てる気がしない」連中ばっかり…。まして次節の間に天皇杯があるので、中断明けの成績が悪い広島にとっては嫌な流れです。ネガティブラーの私としてはマイナスな事ばかり考えてしまいますが、ここまで連れてきてくれた森保監督と選手を信じて応援するのみ。

頂点を目指して、頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です