2nd 第7節 サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル

いやー、悪夢の中断期間となりましたね。

今まで出来ていた事が出来なくなるのが不思議です。というか慢心があったのでは?と思わせるぐらい競り負けてました。いわゆる執着心が鹿島、柏に完敗。

第5節で私は広島を下記のように評しました。

攻撃時にはカウンターと遅攻を、守備時には「攻撃的な守備」と「相手を手詰まりにする守備」を、それはまるで一つの生き物のように全員が明確な意思のもとで統率されていました。いわゆる「美しいサッカー」だったと思います。

今節の柏がそれだったかな、と…。しかも最後まで前線から必死にボールを追ったのがレイソルというね。もうどっちが負けてるチームなのか分からないレベルでした。

あと知らなかったのですが、柏はユース出身(?)の若手がかなり良かったですね。ACLでは頑張ってもらいたい。

広島の戦いぶりを見るに、どう考えても選手の責任は重く、最後まで一本調子でリスクを負わなかった守備陣、ボールを受ける時に足元ばかりで「動き出しながら」というのが皆無だった攻撃陣、全体的に寄せが甘いチーム。勝てる要素が見つかりませんでした。広島の良さを消されていたのは分かるけど、それなら相手の想定外の動きをしないとどうしようもないですよね。

その中でもやっぱり青山はチームのリズムを崩してました。危険なパスが全く通りません。しかもゲームを落ち着かせるべきところで、味方に合わない縦パスを無理に入れるから守備の時間が長くなって…。もう少し落ち着こう。

ただ、負けがほぼ確定の中、寄せてきた大谷選手を意地で前を向いてドリブルでかわしたのは気持ちが伝わりました。それを90分間続けて欲しい。

ドウグラスは明らかに動きが悪かったです。替えるべきは彼だったと思うのですが、結局最後まで出来が悪いまま終わりました。最近のパフォーマンスを観ると少しスタメンから外しても良いと思います。寿人、野津田、浅野でやってみるのも面白いでしょう。今のドウグラスではボールを収める事が出来ていませんし、周囲との連携も合わず、嫌なボールロストもするし、守備に走れてません。それならまだギラギラした浅野を先発に入れて野津田とのコンビに期待、それに寿人が絡むとか胸熱じゃないですか。

清水は良かったと思います。が、なかなか攻撃に絡めなかったから徐々に消えていきました。交替で入ったミキッチはフレッシュな分、攻撃を牽引。明らかにリズムを広島に持ってきてくれました。あの時間帯でのミキッチ投入は凄く良いのではないでしょうか?清水先発→ミキッチの燃料投下はエグいかもしれません。森保監督には一考して欲しいですね。

水本は今季、初めて良かったと思いました。攻撃に関しては相変わらず…ですが、本業の守備では塩谷、千葉、カズに比べて奮戦したと思います。佐々木も使って欲しいけど、このパフォーマンスならまだ納得。次節も相手の攻撃を封殺する守備に期待。

先発復帰を果たした塩谷。先制点は色々残念でしたが、それ以降は持ち味のドリブルやゴール前の顔出しでアピール。ほぼコンディションは戻っていると見ても良いかな。心強いです。

森保監督の今節の采配は私情がかなり挟んでしまったのでは?と思いたくなる采配でした。

確かに今節の野津田の出来は決して良い訳ではありませんでしたが、一番守備を頑張ってる人間を外したらダメな気がする。ドウグラスの方が明らかに役立たずだったのだから、そちらから交替させるべきだったと思います。腹いせにしか見えない野津田→浅野でした。

ミキッチの交替は流れを引き寄せる采配でしたが、選手が踊ってくれませんでした。もうどうしようもないでしょう。ただ、交替枠を1枚余らせたのはどうだったか?茶島から丸谷あたりを入れて更にリズムを代えていくべきだったと思います。特にドリブルもできる茶島は良さそうでしたが…。

中断明け、いきなり試練が訪れたサンフレッチェ。
このままズルズルいくのか、踏ん張るのか。次節、次々節辺りが分水嶺でしょう。

もう一度、優勝争いに加わるためにも冷静に熱く戦って欲しい。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です