2nd 第6節 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

連勝中での中断期間。
明らかに悪い方に出てしまいましたね。

前から行けてた守備が全く出ず、出足では鹿島に一歩遅れ、球際では上回れ、結局打開策を出せぬまま0-1での敗戦を喫しました。

悔しいから言いたくないけど、相手の方が「勝ちたい気持ち」が強かった。それに尽きます。

どちらともほとんど決定機はゼロ。ゴール前での攻防があまり無い「退屈」な試合でしたが、まぁ鹿島の思い通りだったでしょう。だって先制点決めてるんだから。

広島はホームだし、もっとリスクを冒すべきでした。少なくとも雨の中、あれだけの観衆が来てくれているのだから気持ちだけでも勝って欲しかった。しかも相手の思惑通り、あまりにも綺麗にサイドを狙いすぎました。強引に中を崩してみる、という選択肢も何度かトライして欲しかったですね。

上位陣の中で一人負けかな?結構キツイですね。というか、内容が悪すぎるのが堪えます。

その中でも森保監督の采配は「おぅぅ・・・!!」と唸らせるものでした。
前節、あまりに消極的だった茶島の「再起用」。奮起してましたね、茶島。チーム全体が鹿島に沈黙させられたのでなかなか目立つ事は出来ませんでしたが、ボールに関わった時は光るプレーを見せました。少なくとも前節よりは「やってやろう!」という気概のあるプレーは見せてくれたと思います。

そして塩谷の復帰、かつ水本との交代。これで右に塩谷、左に佐々木という私が見てみたかった理想的な布陣が!!実際、左に回った後の佐々木は攻撃でそこまで目立ちませんでしたが、カウンターから完全にフリーで抜け出されたところを持ち前のガッツとしつこいプレーでシュートまで持ち込ませず本職のプレーで魅せてくれました。柏との連携も期待していいはずです。少なくとも1年以上同サイドでやってるのに全く連携が取れない水本と柏よりも期待値は上がります。

塩谷は長年培ったプレーでミキッチとの連携はバッチリ。復帰初戦のお披露目としては良いプレーでした。次節、どうなるか分かりませんが、先発するならば左は佐々木が理想ですね。森保監督に期待。

選手に関しては「ホームで相手よりも気持ちで負けてちゃダメでしょう」の一言。それしかありません。

敢えて言及するなら「青山?」という感じ。ボールが足元に付かないプレーが多く、得意の縦パスもほぼ失敗。ちょっとゲームを作れてなかったし、またコンディションが落ちたの?と思ってしまうプレーでした。

さて、このまま連勝街道を進みたかったのですが、しょうもないハリルの日本代表の為に空いてしまった中断期間が「気の緩み」を生んだようなプレーになってしまった感じ。

もう一度ネジを締め直して、ここからまた連勝を重ねましょう。頑張れ!サンフレッチェ!

あぁ、それと名前が出たのでついでにハリルジャパンの東アジアカップについて。

ぶっちゃけJリーグを見る人にとっては腹が立って仕方ないですよね。ハリルの選手選択、起用法、采配のせいで「やっぱり国内組は…」と思われるのが本当に腹が立つ!

でもね、代表戦しか見ないライト層に「やっぱり国内組じゃダメだよね。そりゃ海外組中心になるわな」と言われたら、こう言ってやりましょう。

「確かに。少なくともシンガポールに引き分ける実力はあるよね」

本当、ハリルが選んだ海外組と森保監督が選ぶ国内組で試合をしてみて欲しいわ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です