第17節 サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島

私的に最も忌み嫌う戦法「時間稼ぎ」をして最後に同点弾を喰らう、という恥ずかしい試合で1stステージ最終戦を終えたサンフレッチェ。

鳥栖からしたら「ざまぁぁぁぁぁ!!」だったでしょうね。
まぁ私自身「ざまぁぁぁぁぁ!!」と思いました。それぐらい点を奪う事を放棄して時間稼ぎという何のエンターテイメント性もない「イライラ」するプレーが私は嫌いです。W杯とか絶対に負けられない試合となるとまた話は別ですが…。

さて、最後の時間稼ぎを別にして試合自体は相手に広島対策されて攻めあぐねている中、先制されても逆転するという強かさを見せた内容だったと思います。

敗因(というか負けてはいませんが)はピッチ内では水本、ピッチ外では森保監督だったですね。

まず水本。2失点とも豊田選手に寄せられず。ナビスコ決勝のガンバのパトリックに手も足も出なかった事を思い出しました。相変わらず責任逃れのパスしか出せないし、ちょっと酷い出来でしたね。

あと森保監督。試合見てんのかな?どう考えても寿人のキレとドウグラスの雑なプレーを見ると最初に代えるべき選手は決まるでしょう。あと結果を出せてない選手をどこまでも使うのもどうかと思う。浅野ではなく野津田がファーストチョイスにしないとおかしいでしょう?皆川の時といい、よほど「日本代表選出」という看板に弱いのかな?そんな看板に惑わされずないで的確な状況判断をして欲しい。

あとは宮原ですかね。慣れてきたのか、チャレンジするシーンも見られましたが、まだまだJ1というレベルには達していないかと思います。でも徐々に良くなってきているので経験が付いてくれば目処が立ちそうな雰囲気はあります。

柏は可哀想。「ここで出ればビッグチャンス」というタイミングで走り出すのですが、柴崎からは全くパスが出ず。あれが高萩なら…と何度も思ってしまう。柏の良さは強引にドリブルで相手を翻弄するところがありますが、と同時にフリーで抜け出して決定的チャンスを作れるのも魅力の一つ。その一つを潰されているんですよね…。

青山も試合トータルで見た時のボールロストの酷さは変わらず。シュートシーンは「ボールを抑えて枠内に飛ばす事」を心がけたビューティフルなゴールでしたが、それ以外が悪かったですね。なかなかコンディションが戻りません。これでは日本代表はまだまだ先の話でしょう。

さて、1stステージの最終戦。勝利で飾る事は出来ませんでした。
1stステージというより年間を通して見た時に、やはり痛い引き分けでした。まして勝ちがすぐそこまででしたからね。ちゃんとシュートで終わる事、枠に飛ばす事。今後はこれを心がけてプレーしてもらいたいと思います。

2stステージ、またスタート地点からヨーイドンです。しっかりと勝ち点を積み上げて年間優勝を狙いましょう。まずは1stステージ、お疲れ様でした。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です