第12節 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

首位に食らいつくために勝っておきたい鹿島戦でしたが、痛み分け。元気の感じられない試合となりました。

PKは仕方ないにしても、その後のバタバタはどうした事か。塩谷、青山とも先発レベルではない出来だったと思います。

それでも青山は悪いなりに動き回って何とかしようという気概は感じるし、そこが並の選手とは違うところだと思うのですが、インターセプトからのシュートをふせがれ、結局それが相手のところに綺麗に収まりカウンター発動の失点という、悪循環の極を見た気がします。まぁ次節出場停止なのでしっかり休んでもう一度コンディションを整えてもらいましょう。

それにしても6連勝中の勢いが霧散したかのような覇気の感じられない試合でしたが、果たして鹿島が上手く対策してきたからなのでしょうか?私としては連勝のキッカケとなったサブメンバーの活躍がなかったからだと思います。いや、活躍がないというより活躍できる場面を作らせてもらえなかったという方が正しいのかも。寿人、柴崎、ドウグラスという鉄板の先発では前節でも今節でもあまり上手くいってるとは思えません。カズが復調気配の代わりに青山の低コンディション。森保監督、信頼するのも良いけど「チームの為」にもっと控えのメンバーにチャンスを与えて欲しい。

今、観たいのは浅野、野津田、丸谷、佐々木あたり。清水もなんか調子悪そうなので山岸が戻ってきたなら山岸を見たい。

幸いナビスコがあります。控えメンバーにしっかり活躍してもらい、それを見届けた森保監督には先発メンバーを再考してもらいたいですね。

この引き分けで優勝争いはかなり厳しくなりました。1試合余分に残している浦和が仮に勝ちで消化したら勝ち点差7です。浦和のやらかしに期待しないとダメな状況になってきました。が、どうも浦和は磐石のよう。ガンバ、東京と上位にしっかりと勝ちきってるあたりも本物の強さかもしれません。

何よりショックなのはハリル監督が視察して浦和を褒めちぎっていた事。あのコメントを読む限り、広島の戦い方は真逆。やっぱり前線からしっかりとボールホルダーにプレッシャー掛けないとね…。塩谷、青山の絶不調と相まって気分は落ち込むばかりです。

そうは言っても一応まだ3位みたいなので、とにかく一戦ずつ出し切ってもらうのを願うばかりです。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です