第9節 サンフレッチェ広島 vs ベガルタ仙台

連勝中のチームと連敗中のチームの差が如実に顕れた試合でした。

そしてこの試合は連勝中ながら「モヤモヤ」した気持ちを抱いていた私の不安を全て払拭するような今季最高の試合だったと思います。

攻守の切り替えの早さ。相手にボールが渡った時の素早い寄せ。野津田を中心としたファーストディフェンスの掛け方。まだ連動性に難があるものの、野津田に合わせて全員がボールを刈り取る意思を見せてました。

そしてキーマンの封殺。ウィルソンがボールを持てば必ず一人がすぐにチェックに行き、もたついてる間に2人目、3人目と囲んで絶対に仕事をさせないというチームとしての約束事が徹底されていました。

この戦い方だけでも大満足ですが、更に嬉しいのは「野津田の覚醒」と「丸谷の有能さ」がこの試合で観れたから。

まず野津田。先発起用に応える働きをしました。何よりも球際での競り合いに気迫がこもってきました。前節から感じられてきた事ですが、体のぶつかり合いに臆する事なく当たりにいってました。そこで勝てるようになってきたのが今の躍動に繋がっているのは間違いないです。長かったですが、一つ殻を破ったと言えるのではないでしょうか。

そして丸谷。カズの不在を全く感じさせない、いや私からするとカズ以上の出来だったと思っています。リトル青山のごたる、正確なパスで逆サイドに振れるし、守備でも素早い寄せを見せ、色んなところに顔を出してパスコースを作ってました。影のMOMは彼だと思います。正直、次節も見たくなる活躍でした。

その相乗効果かもしれませんが、いつも人任せのパスで逃げていた水本もボールを持ち出して果敢にトライをしていたと思います。柏も連戦ながら大車輪の活躍。彼が左サイドで本来の動きができるようになってからチームも勢いに乗ってきたと思います。そして浅野の自身のスピードを活かした追加点、それを演出した青山。遂に寿人にも世代交代がやってきたのかもしれない、と予感させるようなシーンでした。

逆に清水の出来の悪さは目立ちました。パス、クロスが雑すぎます。ミキッチと五十歩百歩という感じ。どちらも良いとは言いがたい状態だと思います。ちょっと右サイドは手薄(まぁ左サイドも柏しか居ないけど)。ミキッチが調子を取り戻してくれば良いですけどね。

嬉しい悩みは1トップ2シャドー。
寿人、柴崎、ドウグラス、野津田、浅野。先発で出れるのは3人だけです。誰が出ても良いぐらい全員が良い状態の超激戦区。寿人が得点に絡めてないのが気になりますが動きは悪くないと思います。正直、浩司が戻ってきても出場できるのか。て、まぁ森保監督のお気に入りだから…。

さて、若者2人の得点で更に連勝を伸ばしたサンフレッチェは完全に上り調子。今のサンフレッチェならどこに出しても恥ずかしくない、応援したくなる「強い広島」です。森保監督、上手く立て直してくれました。数々の暴言、謝罪しなければなりません。ごめんなさい。

後はこのまま勝ちを重ねて首位に食いついていきましょう。チャンスはあるはずです。

頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です