第7節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

またしても完勝。
うーん、戦い方は全然変わってないからモヤモヤするんだけど、内容は非常に良いからワクワクが止まらんで困る…。連敗中の清水が良くなかったのか?

今回良かったのはカズの復調。そして野津田、浅野の2枚替という采配。特に今節はカズのインターセプトが得点に繋がったというのもあるし、それ以外にも何度もアグレッシブにボールを取りに行ってたのは嬉しいところ。何度か外されて危ないシーンもありましたが、チャレンジの結果なのでまぁ仕方ないと思います。後はプレーの判断が早くなってくれれば良いんですけどね。ボールを持ってから考えてる感じでワンテンポ遅いかなぁ。

浅野、野津田の2人からも相変わらず「やってやろう」という気概を感じました。特に野津田は意識改革したのか球際の競り合いに気持ちを見せるようになってきているかと思います。コンディションが良いんでしょう。針に糸を通すようにゴール隅に冷静に決める辺りもよく周りが見えてます。浅野はチャンスメイクばっかりになってたからちょっと可哀想。ボールを受ける動き出しのタイミングが良過ぎるからなぁ…。そのままドリブルで最後にお膳立て、という構図になり易いのかも。

何より2人が入ると前線からのチェイスが増えるから良い守備になります。
後は個々の問題で、チーム全体の課題としてボールホルダーに寄せずに間合いを取るから、ズルズル下がってしまう悪癖を直せばかなり改善されるんですけど。森保監督はとにかくかわされるのを嫌ってるのかな?でもあれって押し込まれたらずっと押し込まれっぱなしで勝負を放棄してるようにも見えるからイライラするんですよね。あそこを必ず一人が寄せて自由を与えないようになると「攻撃のための守備」になってくるんだと思います。あれですよ、チャレンジ&カバー?というやつです。て、そこの意識付けを森保監督がしないからずっとこのゴール前張り付き戦術になるんでしょうけど。

もう一つ良かったのは柏。青山辺りから何度も良い形でボールが渡ってました。そしてクロスの質が素晴らしいこと。ようやく柏らしくなってました。ああやってボールを良い形でもらえるとしっかりとチャンスを作ってくれるんですよね。カズがもっとコンディションが良かったら柏の動きに合わせて良いボールを出せたのに、と思うシーンも何度かありました。あの辺もまだまだカズが本調子ではないかな、と思ってしまうところです。

唯一のネガティブはやはり水本かな。全然調子が戻ってないと思います。致命的な失態はないけど、何度か破られるシーンもありました。で、相変わらずの責任逃れのパス…。千葉ちゃんを見習って欲しい。絶対に佐々木でしょう。森保監督、本当によく考えてくれ!流れを変える采配はこの2試合で完璧だと思うけど先発メンバーをもう一度よくフラットな目線で再考して欲しい。

さて、閉塞感の漂う広島はこの2試合で息を吹き返したかのような快勝が続きました。
松本、清水と今の立ち位置からすると広島に分がある相手であるのは否めないというところ、システム的にはほぼ変わっていないという事。この2点でまだまだ不信感はあるのですが、チームの勢いは上がってきているのは確かです。

次は苦手横浜。とはいえ、監督も変わり違った戦いになるかもしれません。
それでも広島らしさを消してくるのは長けている横浜ですから、本当の広島が姿を現す可能性は高いです。

この連勝のように「広島強し」なのか「やっぱり対策されると全然ダメ広島」なのか。興味深く応援したいと思います。「広島強し!」であるように!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です