第33節 川崎フロンターレ vs サンフレッチェ広島

うーん、采配&交代が酷すぎて何の感慨もないな。

まず若手を実戦で試す、というのは評価しますが、いきなり前線を若手3人に任すってどうなん?全然後ろからボールが回ってこないし、ボールロストもうんざりするぐらいなんだけど…。

せめて寿人だけでも入れて浅野、野津田でいかないとダメでしょ?ほんとタダのお試しにしかならん。ちゃんとサポートとフォローをしてくれるレギュラーと共に出せよ、と思います。高萩はその点、サポート&フォローが冷たいから向かないかも知れないけど。

どこまでも結果を出せない皆川にあれだけチャンスを与えたなら、同じ条件で浅野にもチャンスを与えて欲しい。脇を寿人(野津田)、高萩で固めて出してもらいたい。今節のメンバーだけで判断したくないな。周りが上手くスペースを作って、そこに浅野が飛び出すパターンが彼にとって最強だし、それを作れるのは今のところ高萩とか寿人しか居ないと思います。

皆川はほぼ見切りをつけました。あれだけ出ていながら「まるで成長していない」。代表召集が結局悪い方向に出てしまった典型的パターンだと思いました。

野津田も「まるで成長していない」選手の一人。ただ、後半に寿人、高萩が入ってからの積極性はまだ可能性を感じる。もう少し、もう少しだけ期待を持ちたいんだけど…。とにかく体が弱すぎる。綺麗なプレーなんか捨てて球際で泥臭く競れる選手になる事、そして相手にとって予測不能の危険なプレーをする選手になる事。特に後者はもともと資質はありそうなんだけど、この試合でも「あ、こっちに出すな」と相手に読まれるプレーしかしないから簡単に守備されて詰まって苦しい展開、というシーンが何度も見られました。特にサイドで。

もう怖がるな、と。例え上手くいかなくても相手が嫌がるプレー、真ん中に入っていくプレーを選択して欲しい。その上でのミスなら森保監督も評価するでしょう。

そして最後に出てきたのが浩司っていうね…。結果を出せてない選手を起用し続けるのは何でだろう何でだろう、ななな何でだろう。

そらテツトモにもなるわ!前回も書いたけど、もう一回書きますわ「クソ采配乙!」

さて、残すはあと一節。
そろそろ総括したいところですが、その前に一つ書かせてください。

西川ザマー m9(^Д^)

鳥栖戦の最後のCKのシーン、TVで何度も放送されるの見るたびに我がクラブの情けなさは吹き飛んで明るい気持ちになるな!な!ざまぁぁぁぁぁぁぁ!!まぁエエやん!お金を沢山もらえたんだろうし、旨いものいっぱい食えるしな!な!

そういえば赤いサンフレッチェが今度は高萩とか石原とかを狙っているという噂も聞きます。

ここまで来るとコントの域に入ってくるのですが、本当にあのクラブのアイデンティティ、チームカラーって何なの?と思いました。例えばサンフレッチェであればミシャが来てから、良く言えば「ボールを大事にする」悪く言えば「ボールを大事にし過ぎる」クラブとして一つの方向性を目指してます。それは森保監督になっても必ず根底にあるわけで、それに合った選手の獲得をしているわけです。

赤い方はそれを完全コピーに近づけてるだけ、というね。

あ、そうか。彼らのアイデンティティというのは「お金」か!チームスタイルとかそういうのじゃなくて、お金を沢山出して勝てれば良いわけで、たまたまミシャが居たから、彼が望んでいるから、という事でウチの選手を狙ってるんですよ。だから厚顔無恥で周囲が引こうが、広島のフロントと現場が一体となって作ってきた道の後追いだろうが、関係なく「お金」を積んで手に入れる。それが赤いサンフレッチェ(監督が変われば別の何か)の正体なんですな。まぁ日本人の気質では受け入れ難い性質のチームですね。

と、あまりにも腹立たしくてちょっと脱線してしまいましたが…。

今季、最大の失敗はやはり「西川の代わりが居なかった」という事に尽きるでしょう。たまたま今節の林は素晴らしいシュートストップで仕事をしてくれましたが、大事なところで全然仕事してくれませんでした。後はカズがずっと本調子ではなかった。寿人、青山の離脱。若手の伸び悩み。

まぁ選手の調子や離脱は瑣末な事だと思います。一番の要因は森保監督の経験の無さ。これに尽きると思います。尤も長く監督業をやっているミシャにも引き出しは少な過ぎますから一概には言えませんが、とにかく柔軟さが足りなかったと思います。

先ほども書いたようにウチのチームスタイルってあくまで「ボールを大事にする」事。極論でいくとそれだけだと思います。つまり戦術なんかどうでも良いわけで変則3バックに固執する必要なんかゼロです。なのに森保監督はチーム戦術をずっと変えずにやってきました。今までも散々書いたように、他のチームは既にそれは了承済みで対策を立てられてる今季は「J1リーグで面白くない試合」の上位独占する眠たい試合ばかりでした。

守備の仕方も在りし日のジーコジャパンのように「プレスがプレスになっていない」攻撃的な守備で結局それを克服できないまま、いつもと同じように後ろでラインを引いて待ち構えるだけの守備=先に失点するとどうしようもなくなる守備しか構築できませんでした。

来季、どうせ森保監督でしょう。大きな上積みは期待できませんが、一度チーム戦術を見直して変則3バックに固執しない柔軟なやり方を模索して欲しい。同じような戦術を来季も繰り返すようであれば…一年間耐えて、再来年に期待するしかありません。選手としてはやはりDFが欲しいですね。水本はちょっと対人の強さが全盛期とはほど遠いので少し不安。

最後に私の理想。これが実現できれば優勝争いできます。

監督を交代→(1番)城福さん、(2番)ネルシーニョさん。

そして選手では柏木の呼び戻し。いつか広島に帰ってきたいと言ってたので来年戻ってもらう。で、シャドーではなくカズの後継として青山とコンビを組みます。別に攻撃の時に4バックになるとか要らないから、とにかくあの運動量でボールを狩ってもらう。多分、最強のボランチコンビとなります。二人とも足遅いけど。

それがダメならセレッソの山口。柏木と一緒だけどあの運動量とカバー能力でボールを狩ってもらう。柏木よりも良いのは足が少し速い。

これが実現したら来季は楽しみ過ぎるんですけどね。

という事で、試合に関して書きたい事がほとんど無かったから全然違う話になってしまいましたが、今年も残すところあと一戦。最終ホーム戦はせめてしっかりと勝って終わって欲しいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です