第32節 ヴァンフォーレ甲府 vs サンフレッチェ広島

クソ采配乙!

もうそんな捻りも何も無い、ただただ汚いだけの言葉しか浮かんできませんわ。

勝つしか魅力がないサッカーなんだから、勝てないとそんな言葉しか出てこないな…。まぁこの試合に限っては監督というより選手のあまりの覇気の無さの方が気になりましたが、それでも交代枠なんかチグハグすぎて血の気が失せるぐらい腹が立ちました。

ウチにあれだけのメンバーが居ながら、戦力的に不利だと思われる甲府の方がやるべきサッカーをチームとして遂行しました。城福監督との力の差を見せられましたね。後手後手の上、まさかの皆川起用で相手に流れをそのまま渡す作戦。浩司が出てこなかっただけ成長したのかもしれませんが、それにしても酷い。

思えば中断明けに寿人、青山が怪我で居なかった時に皆川が攻撃の中心になってからチームは下降線を辿りました。そして寿人が復帰してからも皆川(浩司)が出場して試合が改善された記憶が皆無。それでも使い続ける森保監督、本当に退任して欲しい。甲府は残留できるでしょうから、城福監督は無理だけどネルシーニョとか広島をしっかり分析できてる戦術家が欲しい…。来年もこんな眠たくなる試合を観続けなくてはいけないとか勘弁して!

ただ(交代枠、采配の酷さは置いて)この試合に限っていえば選手の罪は大きかったですね。特に水本の覇気の無さはプロとは呼べないレベルだったと思います。あと罪の大きさでいけば第一位は寿人。うーん、なんかPKを蹴る前と蹴る瞬間、「あ!ダメかも」と思いましたが、本当にダメでした。あれで流れを甲府に持っていかれました。前回もPKのミスがあったから絶対にGKが届かないギリギリを狙ったんでしょうけどね…。他の人に任せても良かったかも。でもここで逃げたら、というのもあるしなぁ。まぁ、残り2戦でゴールを決めてもらいましょう。戦犯は寿人だと思うけど、あまり気にしない。少なくともプレー中でやる気を感じられたのは寿人、青山、柏だけだったしね。

塩谷はちょっと強引過ぎました。普段は行ける時にだけドリブルで持ち込むのですが、代表を意識した自己アピールの為?なのか知りませんが、危険なドリブルが多くてチグハグでした。カズも復帰初戦だから体が重そうだったし。石原は以前ほどの運動量も体の強さもなく淡白なプレーに終始。一番の罪は寿人かも知れないけど一番役に立たなかったのは石原。ところが交代枠は寿人ではなく、石原を残しました。この辺りも森保監督の迷采配が光りますね!

野津田先発。
まぁリーグが消化試合になってしまった以上、こういう若手にチャンスを与えるところは森保監督の良いところだと思います。高萩の足元にも及ばなかったですけど…。でも消化試合でもメンバーを固定してしまうよりも、こうやって少し変えてみるのは良かったと思います。高萩じゃなく石原を控えに回して欲しかったけど…。

野津田のやる気はおじさんも買ってるよ。頑張ってると思う。でも全然ダメ。当たりに弱すぎます。絶対ボールを渡さないという気迫があまり感じられないかな。なおFKは高萩よりも断然良い模様。良いところに蹴ります。

清水、うーん。守備がちょっと良くなかったかな。ドリブルで抜いたところもあったんですけどね。私としては贔屓目で合格点はあげたい。

青山、異次元。
両チームの中でも図抜けてレベルが違います。ボールを奪われないし、視野は広いし、パスは正確だわ、ドリブルでも仕掛けるわ、惚れてまう!青山が居るからサンフレッチェのサッカーが今でも綺麗に見えるんだと思う。それぐらい後ろからの攻撃のスイッチでの依存度が高過ぎます。というか、アギーレは何で青山を選ばないんだ?絶対に日本のサッカーを変えてくれるよ。

さて、ペトロヴィッチ監督の時もそうでしたが、結局就任当初から同じサッカーを続けているから相手に研究され、追いつかれ、追い抜かれてしまってるんだと思う。1年目は今までの攻撃一辺倒に守備の意識を植えつけて見事に初優勝。2年目は既に機能不全の兆候を示していたにも関わらず周りがコケてくれて連覇。

今季、遂に「このサッカーだとこの順位が妥当ですよ」と掲示されてしまいました。来季もどうせ森保監督でしょう。まだ終わってませんが、今年の順位を見て「変えなくちゃダメ」と強く意識してくれる事を望みます。

あ、あと残り2試合は浩司と皆川を出さないで浅野優先してください。お願いします。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です