第31節 サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ

最初の塩谷のミスから難しくなってしまった試合。が、後半に入ってからの鬼気迫る攻めは久しく見なかったサンフレッチェだと思いました。というか、リーグも終わりかけでまだDFとGKの連携が上手くいかないってどういう事なんじゃ?という疑問は残りました。

そんな疑問は置いておいて、後半入りの青山の「攻め倒す!」姿勢を皮切りに怒涛の攻めを見せるサンフレッチェ。常にリスク管理を行い、良い意味で慌てない、悪い意味で変化がないサンフレッチェのサッカーがまるで後半追加タイムのような攻め一辺倒の試合をしました。

「ホームであんな無様な1失点だけで試合を終わらすわけにはいかない」そんな気迫を感じる試合でしたね。さすがに気圧された大宮は自陣のゴール前に張り付き、1点を死守する戦法を取らざるを得ない感じ。後半30分まで耐えていましたが、遂に山岸に破られてしまいます。

が、残念ながらそこからの交代が浩司…。あのVIP枠は本当に何とかなりませんか?皆川と浩司、この2人が入って点が入ったシーンが一度も思い浮かばないんですけど。森保監督は何で試合を捨てるかな?もちろん野津田という選択肢はないにしろ、ベンチメンバーでいけば茶島なり一人でドリブルを仕掛ける選手を入れるべきでしょ?

まぁ寿人→皆川は分かる。相手がベタ引きだからスペースが無い→皆川に当てて落しを狙う。理想は分かるけど結局キープ力では寿人の方が上だから足を引っ張るだけなんですよね。もう何度も見てきた事を森保監督は忘れてるんです。その上、浩司が入ったからもう点の入る気配は霧散しました。後から入った2人が運動量が少ない上、キープも出来ず、仕掛ける事もできず、シュートも枠に飛ばないじゃどうしようもない。

最後は攻めに来た大宮と共に何度かチャンスを作りながら痛み分けのドロー。
振り返ると勝ち切りたかった試合ながら、交代枠で勝利を手放したといっても過言ではない試合だと思いました。それぐらい森保式交代術に激おこプンプン丸です。

塩谷は試合の入りから元気がなかった感じでしたが、オウンゴール後はピリッとしたかな。まぁ失点に絡んで(というかオウンゴールして)から本気出すのもどうかと思うけど、総合的に良いプレーが多いので何とも思わない。ただ日本代表の定着を狙うのであればやってはいけない事でした。

石原はうーん、て感じ。前節は良かったのにな、何か以前ほど鬼キープが減ったというか不用意なボールロストが多いんではないでしょうか。来週はいよいよナビスコ決勝なので何とかこの一週間で取り戻して欲しい。

あと浅野がベンチに居ませんでしたが大丈夫でしょうか?ナビスコカップでは寿人先制、追いつかれてからの浅野決勝点でイメージが固まってるんだけどなぁ。山岸は良くもなく悪くもなく。もちろん点を決めたのは良いのですが突破力が…。ただ現時点では清水よりは良いかもしれません。

さて、来週はナビスコカップ決勝。
広島戦の前にガンバ戦をチェックしてましたが、以前ほどの手が付けられないガンバというわけではありませんでした。リーグは残り3戦なのでもっとガンバには頑張ってもらいたいのですが、少なくともナビスコでは対等に渡り合える状況になっていると思います。

ここでテンションの上がる試合をしてしっかりとガンバに勝ち、ガンバはその悔しさで浦和にある広島を討ちリーグ優勝を果たすという筋書きが最高ですな。その為にもサンフレッチェはナビスコを万全の体制で臨んで勝ちきりましょう!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です