第30節 清水エスパルス vs サンフレッチェ広島

完勝。まさにその言葉に相応しい内容でした。

いやー、まさか浩司ではなく野津田を先発に持ってくるなんて。少しだけ森保監督を見直しました。ま、その野津田はダメダメだったわけで、後半すぐに交代も已む無し。それが浩司だったんですけどね…。野津田よりは良かったけどさ…。

という事で真っ先に讃えるべきは我らがエース、佐藤寿人。もうハンパなかったです。3得点全てに絡みましたが、一番燃えたのは2点目に繋がるプレーで、相手と競り合って泥臭く勝ち切ったシーン。(失礼な物言いかもしれないけど)いつもの寿人らしくない、ボールへの執念を感じました。

アシスト、準アシストと活躍はすれど今節は得点が無いかな、と思ってましたが、柏のシュート?に反応してGKのこぼれにしっかりと詰めてゴールゲット。まさに寿人らしい得点でした。これで大台の10得点。嬉しすぎます!

そして前節「先発レベルにない」と書いた石原が大活躍。これは謝らなければならない。得点だけでなくそれ以外のプレーでチームを救う動きをしてくれました。寿人と並んでコンディションが戻ってきたのかしら。次節が楽しみ。

そして久々の野津田先発。明らかに周囲と合ってませんでした&空回り。相当の危機感を持って臨んだという気概は伝わってくるものの、それだけでは乗り越えられない壁にぶち当たってる感じ。プロのゲームにユースが混じってるかのようなレベルの差が見えました。際どいボールをことごとくロストする様、明らかにプロのスピードに反応し切れてないようです。エースとしてやっていけるか否か、正念場だな…。

あと気になったのは浅野。決定的シーンを2度作り、どちらも焦りからかGKに当てて外すという失態をしてしまいました。が、チャレンジする姿勢は見ていて応援したくなるもの。今のところ、浩司よりも野津田よりも浅野を真っ先に試してもらいたい気がします。ポジションがどうやら寿人と被るみたいですが、何とか併用できないもんかな。出来ないにしても毎試合出場させて実績を積ませてあげたい気がします。

試合自体は、清水が自滅に近い形でバラバラだったので、珍しく(どのチームも対策が取れていなかった)一昨年のような試合が出来ました。でも序盤に見られたように押し込められた時には、どうしようもない状況になってしまうという弱点も当然見られました。清水のクオリティの低さに助けられたといっても良いでしょう。「少なくともボールホルダーにプレッシャーにいく」という根本が解決されないと中位のチームには相変わらず苦戦するかな、と思ってます。

今季はどこにも見向きもされない中位でシーズンを終了しそうですが、少しでも上に行けるように、そして来季に向けて可能性が広がるような試合を期待したいですね。まぁ寿人の好調だけでも心が弾みますけど。あとナビスコは獲りたいですね。応援してます。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です