ナビスコカップ 準決勝 2nd 柏レイソル vs サンフレッチェ広島

ナビスコカップの準決勝アウェイ。
後がない柏レイソルの猛攻を凌いだサンフレッチェが2戦合計3-2として辛くも決勝に進出しました。ホームとは真逆の展開、ある程度予想はしていたものの、それでもずっと圧されっぱなしでなかなか厳しい戦いでした。

それでも水本、塩谷という守備の要を欠いた中で決勝に行けたのは良かったと思います。慣れないポジションながらも清水は踏ん張ってました。1失点目、上手く抜け出されて体を当てにいったものの完全にヤラれましたが、それ以外で拙いプレーもなく、良い守備をしてくれていたのではないかな。便利屋になりつつありますが、貴重な戦力。

レイソルの迫力に圧倒されてしまったのか、それとも疲れからなのか、全体的に体が重そうでした。パスを出した後、足が止まってました。特に石原は貴重なアウェイゴールを決めたものの、全体を通して判断の遅さ、当たりの弱さが目立ったと思います。何で森保監督は替えんのかな?

森保監督といえば、柏が負傷交代する直前、やっぱり浩司を準備してましたね。本当、頭おかしいんじゃなかろうか?もう勘弁してくれ。あれだけゲームを支配されている中、浩司を出して何の役に立つの?それよりも『今』一番勢いのある浅野を寿人なり、石原なりと交代する方が余程期待できますよ。一人でドリブル突破できるし。むしろ後半開始から石原に替えて浅野ぐらいのタイミングでも早過ぎじゃないでしょう。あの人、本当に頑なに浩司なのな。そして必ず石原は残すのな。

まぁ彼に対する愚痴を書き出すと際限なくなるので、他の選手に目を向けましょう。
ファン・ソッコはホームでの第一戦と比べると積極性がありました。良かったんじゃないでしょうか。柏も右サイドよりも左サイドの方が躍動します。特に高萩とのタイミングはバッチリ。山岸は右も出来るんだから最初から柏を左、山岸を右で良かったんじゃないの?

寿人はなかなかボールに絡めませんでしたが、惜しいシュートを放つなどコンディションはまぁまぁ。とにかく寿人の調子が上がってきたのはありがたい。石原はまだ連戦で使えるほど体力が戻ってないと思います。いくら頑強だからといって酷使しすぎ。もっと選手のコンディションを気にしてあげるべきでしょう。

高萩がむしろ一番走ってたような気がします。青山と並んで一番外せない選手。その青山はちょっとお疲れモード。いつもより歩いている時間が多かったですね。ただ後ろでボールを散らせる人間が青山しか居ないので無理させてしまわないといけないのが厳しいところ。林はねぇ…。もうシーズンも終盤ですが、相変わらずだな。シュートストップに関しては一流なんですけどサンフレッチェの戦術では不安がずっと付きまといます。この試合、とにかく石原に感謝しておきましょう。

さて、決勝はガンバ大阪。
今のJ1で一番強いチームです。天皇杯、リーグ戦で苦杯を嘗めてきた借りを返せるチャンス。何とか勝利を掴み取ってもらいたいです。

それよりもガンバは天皇杯もあるしリーグでは優勝争いの真っ只中。疲れが心配されます。正直、リーグも天皇杯もガンバに獲ってもらいたいのでナビスコは負けてもらいたかったんですけどね…。まぁ、結果としてガンバが天皇杯とリーグの2冠を獲って、サンフレッチェが3冠を阻んだという状況になれば嬉しいか、と夢想してます。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です