天皇杯 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

いやもう完敗を通り越した完敗だったですね。
大人と子供ぐらいの差がありました。青山が入って多少戦えるようになりましたが、逆に言うと青山がいないと何も出来ないレベルなんかい?と。

同じ条件のガンバ(それも相手はアウェイ!)に対して「疲労」は言い訳になりません。ポジティブに考えると遠藤と藤春、今野が出場していたので週末は多少運動量が落ちてくれるかもしれない、という淡い期待ぐらいか。ネガティブに考えると宇佐美外しでも圧倒的破壊力を持つ長谷川ガンバの強さを目の当たりにしてしまった事。

少なくとも先発メンバーで合格点は寿人とヒョンジンぐらいしか居ない。合格点というのも「スピリット」を見せてくれたという意味ですけど。後の選手はそれすら感じられませんでした。特に前半は、寿人が珍しく守備も頑張り、何とか流れを戻そうとしてました。が、周りが全然反応無し…。本当、孤軍奮闘で可哀想でした。ま、かつてのジーコ日本代表のように「プレスがプレスになっていない」サンフレッチェの前プレは森保式引きこもりサッカーの弊害なのかも知れないけど。

ヒョンジンは後半からですが気迫は見られました。全然ダメだったけどドリブルで相手に突っかけたり、(恐らく動きたくないから)足元でもらおうと突っ立って全くスペースに走らなかった浩司に激高したり、よく動いてプロとして最低限の誇りを見せてくれたと思います。

他は当分見たくもない、ぐらい酷い有様でした。まぁ選手の選択をした森保監督にも責任はありますが、それよりも選ばれた選手の覇気の無さよ。ミキッチは完全にスランプ。相手に仕掛けるフリをしてるだけでバックパスをする気マンマン。ファン・ソッコ、宮原の両サイドバックは相手の要求通りのプレーしかさせてもらえず横パス、バックパスばかりで自分で持ち上がる事もせず。特に宮原の消極性は彼個人というよりも森保監督の責任でしょう。常にリスクを負わない並のプレーであれだけ出場させるんだから、いきなりこの試合で「チャレンジ」しろと言われても戸惑いますわな。

茶島は最初の衝撃と違って、凄く「普通」でした。ボールを持つのを怖がるというか、ガンバのプレッシャーに負けてましたね。シャドーの位置に移ってからは多少良く見えたのでボランチの適性が合ってないのか?今回は残念だったけどもうちょっと見てみたい気はします。

塩谷は…ま、まぁそこはいつもの位置じゃないからね!という慰めぐらいしかないですね。これは采配した森保監督の責任かな、と思います。

で、森保監督。まぁ(先発メンバーの選定も含めて)適正な位置に選手を配置する事が出来なかったんじゃないか?という気はしますが、どちらかというと選ばれた先発メンバーの戦う気持ちの問題が大きかったと思うので、監督とすれば「どうしようもないかな」と思います。

ただ、

本当に、

頼むから、

浩司枠を無くしてくれ!!

ここまで先発にしろ途中交代にしろ活躍したところがありますか?一体何試合前の活躍の残滓を引きずってるの?これだけ起用して良いところが無かったら他の選手にチャンスを与える、そんな当たり前の事をなんで浩司には当てはめないの?

今はもう浩司が出場するだけでガッカリするようになってきました。これって別に浩司が悪いんじゃなくて結果を出せてないのに起用し続ける森保監督のせいなんですけどね。

この試合なんて「森崎浩司、ミキッチ、宮原」という先発メンバーを見た時に「あ、これダメかも」という予感がしました。不幸にもその予感がドンピシャでしたけど、どうせなら皆川と寿人の共存の道を探るぐらいの思い切りを見せても良いですやん。あのメンバーだと後ろの展開力が無いのは分かってるんだし、皆川に当てて川辺、寿人が拾って、みたいな中盤飛ばしでも面白かったんじゃないかな。自分達のやり方に固執しすぎ。どうしても後ろから繋ぎたいんだったら宮原みたいなパスが出せない、リスクを負えない人間の起用はあり得ないでしょ。ファン・ソッコがあそこまで消極的なのは想定外でしたが…。

これで天皇杯は終了です。他の勝ち残りチームを見ても「与し易い」相手ばっかりだったので千載一遇のチャンスでしたが、ガンバの攻撃力の前に粉砕されました。

それにしてもガンバ、好調のチームらしい実に良いチームでした。一番驚かされたのはその守備力。奪われた瞬間に全員で取り返しにいく、ダメでも相手の攻撃を遅らせる、その間に帰陣して待ち構える。ボールホルダーには必ず一人がプレッシャーを掛けて相手に考える時間を与えない。誰一人サボらない。凄く…モダンです。羨ましい。ウチなんて自陣深くに人を並べるだけですからね。ボールホルダーにすらプレッシャーを掛けずに相手がボールを出すのを待ち構えるだけ。くそつまらん守備です。(これで連覇してるんですけどね)

そうは言っても週末のガンバとのリーグ戦、向こうは岩下、倉田、宇佐美なんかが戻ってくると思いますが、こちらも高萩、青山、清水、柏、千葉、水本(?)が戻ってきます。彼らには戦う姿勢があります。ましてホームでここまでボコボコにされた以上、絶対にやり返してやる!という強い気持ちで臨んでくれると思います。それに期待。

今日出場した若手といわれる選手は、週末の試合を刮目して欲しい。
そして中核を成す経験豊富なベテラン勢は好調ガンバに一泡吹かせて、この悔しい気持ちを払拭して欲しい。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です