第22節 徳島ヴォルティス vs サンフレッチェ広島

結果は0-1で広島の勝利。前半はグッド、後半はいつもの亀作戦という試合内容でした。

試合序盤、前からのプレスに圧されて防戦一方の広島。しかしボールを持っても安易に蹴り出さず「これぞ広島」という繋ぎで相手をかわし、相手陣内に攻め入る回数を増やしていくと自然とペースはこちら側に。何度も惜しいチャンスを作り出します。そんな中、相手のハンドで得たPKを(驚きの)日本代表選出となった皆川が冷静に決めて先制点。その後も追加点を狙いに攻める姿勢を崩しません。後半に入ると徐々にペースは徳島に。広島は反発するでもなく、森保監督お得意の戦術「ドン引きサッカー」を敢行して虎の子の1点を守り切り、勝ち点3をゲットしました。

リーグ最下位であるものの、ブラジル選手の活躍でアグレッシブな戦いを見せてくれた徳島。あわやというところまで追い詰めてきましたが最後は割れず。

対する広島、前半は「これぞ応援したくなる試合」だったと思います。ボールを前に運ぶ意識、仕掛ける意識とも高く、塩谷が入っただけで後ろからの攻撃に厚みが増しました。ボールを奪われても、ただ撤退するのではなく取りに行ける時は果敢にプレスを掛け、ダメな場合は撤退するというメリハリの利いた守備。こういう試合をしてくれると、こちらも応援に熱が入ります。

一転、後半はここ最近の定番「撤退引きこもりサッカー」が顔を出します。本当に「勝ちしか価値の無いサッカー」になりつつあるな、と。あれだけ引いて、もし事故のように点を取られて同点、逆転とかされたら、もう腹立つどころか悲しくて応援する気にもなれない。

バランスが良いから選手を替える必要も無い。それは理解できますが、あれだけ相手にペースを握られてもなかなかメンバーを交代しないのは見ていてストレスしか溜まりません。結局、ミキッチ→清水。そして最後の時間稼ぎで野津田という交代。ボランチの2人も相変わらずだし、もうちょっと変化が欲しいところ。

と、このまま書き連ねると愚痴の嵐になるので、先に選手に言及しておくと、ほぼ全員良かったと思います。あくまでここ最近の試合内容と比べると、ですけど。皆川は日本代表に選出されたからといって気負う事もなく良いポストプレーをしたと思います。もう少しシュートが上手かったら自信を持って日本代表に勧めるんですけどね。高萩は結構動きましたね。ミスも多かったけど良い繋ぎも多かったです。やっぱりああやってガムシャラに動いてボールに触る方が高萩の良さが出てくると思います。

塩谷、金髪に戻しましたね。そしたら「何という事でしょう」良かった頃のプレーに戻りつつあります。やっぱり彼のようにバランスが多少崩れても「行ける!」という時に積極果敢に攻め入る事の出来る判断力がある人は大事。チンタラ後ろでボールを回すのは見飽きました。

柏は今のサンフレッチェで一番の動き。孤軍奮闘という文字が相応しいような働きぶり。チーム状態が良くなくても腐らずに続けて欲しい。あの積極性と気持ちがあれば正直、日本代表でもやっていけると思う。柴崎はボールを受けた時に少しは前を向いてプレーしてました。でも上位相手だと多分ダメなんだろうな…。千葉ちゃんは珍しく目立ってました。いつもは目立たないけど気の利いたポジショニングだったりで守備をしてましたが、今節はビッグセーブが多かった気がします。水本も相変わらず好調かな。無責任なパスさえ無くなればもっと上にいけるんですけど。

林は反応速度の速さを見せましたね。今日は足元の不安もあまり見られなかったのでこの調子で。まぁプレッシャー受けると「あわわわわ…!」になるんだろうけど。

問題は浩司かな。決定的な場面で顔を覗かせるという事、つまり動きは良いんだろうけどあまりにも決定力が…。今節だけで3点は損してます。後半は足も止まってたし、もう川辺とか野津田辺りでも構わんのだけど森保監督は頑なに浩司を使いますね。交代も高萩だったし、ちょっと納得いかない部分です。

さて、そんな感じで選手それぞれに目を移すと不満はほとんど無いんですよ。
つまり不満の多く、そのほとんどは森保監督の戦術に集約してます。高萩だってもう少し前から守備にいきたいんだと思う。でも必ず自陣深くで待ち構える動きをします。大丈夫なんかな?モチベーション上がるんかな?

プロは結果が全て。でもプロだからこそ見せないといけないプレーもあるんじゃないか?少なくともサンフレッチェの試合を観戦して「次も観たい!」と思わせてくれる試合は、最近ありません。コアな人は「今は守備構築が…」と理解してるんでしょうけど、ライトな私から見ると90分間も低空飛行な試合をみるんだったら草サッカーの方がまだ面白いと思ってしまいます。これが私のジャスティス!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です