第21節 サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪

低調なチーム同士の試合というだけあって、それに見合った締まらない試合でした。

勝ちたい気持ちがプレーに現れていたのはセレッソ。とにかくボールを前に運んで相手の危険なところでのプレーを試みてました。広島も勝ちたい気持ちが無いとは言わないけどプレーを見ていて熱量を感じたのはセレッソの方。

返す広島、もしセレッソに「引き分けでも良い」という余裕があり前節、前々節のように無理にボールを入れてこなかったら、多分またウンザリするぐらい無味無臭な試合になっていたでしょう。その点でもセレッソには感謝。

ホームチームが、それもリーグを連覇したチームがシュート3本って…。セレッソがガツガツ来てくれたお陰で少なくとも何度かカウンターのチャンスはあったものの、途中での簡単なパスミスが多過ぎました。まさに低調なチームにありがちの締まらないプレーです。

鹿島戦以降のドン引きサッカーは高萩にも影響を与えているのか、どんどんとプレーの質やキレが悪くなってきました。もっと自由に走り回るようにさせないとこのままズルズルと調子を落とし続けてきそうです。今、ゲームメークできる人間は彼だけなのでキツイなぁ…。

唯一の新しいポジティブは皆川と宮原か。宮原は少しプレーに自信が付いたのか、前向きなプレーが少し増えました。まぁ後半から入った塩谷とはまだまだ雲泥の差ですが。それでも経験がプレーを向上させたのなら良かったです。それから石原の怪我によって先発に起用された皆川。良くボールを収めてましたし、広島の戦術の幅を広げてくれたと思います。ただプレーを見ていると相手チームに研究されたらすぐに壁にぶつかりそうな予感がします。多分、ここからが本当の勝負になってくると思うので頑張って欲しい。

あとポジティブなのは寿人がベンチ入り。ここ数試合でストライカーの必要性がよく分かりました。あと1トップが石原でも守備が免除されるんだったら寿人の方が適任です。それから浩司と野津田は相変わらずどちらも何のインパクトも残せませんが、それならばやはり野津田先発の方が良いと思います。宮原のように経験を力に変えさせる可能性を秘めた人間を起用して欲しい。

人が揃ってないとはいえ、ここまで酷い試合を続けるのは森保体制になって初めてではないでしょう。今はまさに底。後は上がるだけ。もっと極端な言い方をすれば負けても良い。応援したくなる試合をして欲しい。

さて、次のリーグ戦の前に天皇杯があります。
正直、今年の天皇杯は千載一遇の大チャンス。なぜなら天敵の「浦和レッズ」「横浜マリノス」「川崎フロンターレ」が脱落したから。リーグ連覇したとはいえ、まだまだ広島には巡りあわせによる運も必要なチーム。このチャンスを逃がさないように確実に勝利を積み上げていきましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です