第17節 サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府

負けなくて良かったな、という試合でしたね。

今の甲府といえば城福監督。選手に同じ方向を向かせた上でしっかりとファイティングスピリッツを植え付けてますね。ポスト森保監督にならんかな…。

さて、広島。
相手とすれば10人となり、且つ先制点を入れている以上、はっきりと守りきる作戦を取られるのはまぁ仕方ない。そしてその窮屈な状況ではなかなか寿人も活きてこないのも仕方なし。高さのある皆川を入れて局面を打開しようという意図だけは理解できました。

しかしだな、決定機を外しまくった上、なかなか相手を抜けない上、クロスも上げれない山岸を残して柏→ミキッチというのは全くもって意味が見えん!確かに柏もなかなかドリブル突破というのは出来なかったけど相手の嫌がる事をしてきたのは柏の方が上でしょう。山岸→ミキッチで柏を左サイドに置くべきだったんじゃないの?

そしてまさかの高萩→浩司…。
唯一、違いを生み出せる高萩を何故替えたの?あれだけ試合が動かないんだったら、カズの代わりにボランチを一枚入れてリスクを冒すべきだったでしょう。それぐらい今のカズは絶不調だと思います。とにかくアリバイのようなプレーばっかりで横パス、バックパスの安全な選択しかせず、相手にとって都合の良い選手でしかなかったと思います。森保監督は色眼鏡抜きで「好調の選手」を選んでもらいたい。ちょっと今のカズの起用は不自然。

林は…まぁビッグセーブもあったけどなぁ。やっぱり少し安定感に欠けます。まぁ今のサンフレッチェはGK云々よりも後ろの3枚が絶望的に悪いですからね。水本なんかPA前であるにも関わらず相手との距離を詰めずに簡単に前を向かれてアシストとなるパスを出させる案山子振りだし、ソッコも塩谷もクリスティアーノ選手に全然勝てず簡単に突破される弱さが目立ちました。とにかくバランスが悪すぎ。前線が頑張ってるのに後ろの覇気の無さ…。唯一柴崎が何とかしようかな、ともがいてる感じ。早く青山が復帰して柴崎、青山という布陣で臨んでもらいたい。まぁそれまでにカズのコンディションが上がってくれば良いんだけどこの数戦、全くその気配も無いです。

ACLが消えて他のチームと条件は同じ。ここから広島が取り戻す!という期待感で臨んだ再開後の試合。明らかに危機的な状況に陥ってると思います。各選手のコンディションの差もさる事ながら、チームとしての弱さがペトロヴィッチ時代を髣髴とさせます。次節から始まる上位との対決を考えると胃が痛いのですが、この環境を変えるには森保監督以外いないわけで、今後の手腕を期待するしかありません。

まずは守備から!じゃなくて、まずは戦う気持ちから!
それを取り戻して欲しい。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です