第13節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

うーん、勝たせてあげたかった!

というか、贔屓目に見てしまいますが体調が万全であれば勝てた試合だったかな、と。残念ながら後半早々にパッタリ足が止まってしまいました。

水曜日に行われたACL、圧勝といって良いぐらい完璧な試合運びをした広島。神戸戦で休養した成果があったのか、青山、塩谷、石原ともキレが戻り、本来のプレーを取り戻していました。

そしてすぐに中2日での試合。直前の試合だけでなくこれまでの蓄積している疲労が完全に見て取れます。本来であれば、たとえ中2日の不利でも後半に入ると相手の方が足が止まってくるのに勢いを増すのは清水ばかり。とりあえず引き分けで終える事が出来たのは良かったと喜ぶべき内容でした。

その引き分けを手繰り寄せてくれたのが林。DF陣との綻びもなく、またシュートストップの上手さを見せつけてくれたお陰で何とか追加点を与える事なく終了。守護神に相応しい活躍をしてくれたと思います。

清水航平も良い活躍でした。後半はチーム全体の動きが止まってしまったので、なかなか前への推進力を見せる事が出来ませんでしたが、前半は大車輪の活躍。コンディションが良さそうです。

佐藤寿人も前半は良く動いてくれてました。守備でも奔走していたと思います。良いシーンでも顔を出したりして、ゴールは間近と思わせてくれる感じでしたが、後半からは完全に透明人間。今季のサンフレッチェの頑張り、寿人だけが置いてけぼりの印象。本人も多分自覚はあると思います。「得点」という分かり易い判断基準もありますし。3連覇には寿人の爆発が不可欠ですので、早く調子を取り戻して欲しいところ。

あとミキッチのコンディションがかなり上がって来た感じ。相対する吉田選手も相当の運動量を誇るイメージなのですが、最後は完全にミキッチに付いていけてませんでした。広島にとってはミキッチの復帰はとても心強いですね。

森崎浩司は前線での広島の動きを滑らかにしてくれますが、囲まれたりプレッシャーの掛かるシーンではミスが目立ちます。特に失点シーンは浩司がトラップで大きくボールを離してしまったところを奪われたのが原因でした。でも代わりの選手といえば(高萩を除いて)野津田か川辺か浅野辺りでしょうから、そうなると浩司が第一候補になるのも仕方なしかな、とも思います。

さて、なかなか勝ち切れないサンフレッチェですが、今はとにかく負けなければ良し、という気持ちで見てます。勿論勝つのが一番ですがここまでの過密日程の中でこの成績。文句のつけようもありません。その上、今季の森保監督の采配は凄みがあるというか、ストレスの溜まる事が全くありません。昨季のACLの失敗をしっかり糧として活かしてくれていると思います。

チームはすぐに大事なACL第2戦が待っています。他の2チームが苦戦する中、有利な展開でアウェイを戦う事の出来る広島。絶対に次のステージへと進んでまた新たな歴史を刻んでもらいたいと思います。

頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です