第9節 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

ウチのゴールキーパーがゴールをキープしてくれないっ!

中2日で迎えたホーム鹿島戦。結果は完敗といって良い内容。ここまで何もさせてもらえないと相手を褒める以外にありません。

むしろあの鹿島がそこまでしっかりと広島対策を練って一戦必勝の気概で挑んでくれる程にウチは強くなったのか、とポジティブに捉える事も出来ます。

中2日とはいえ、ホーム2連戦だったからか、新潟戦と比べてもそれ程「動けていない」というわけではありませんでした。パスのズレとか、あと一歩のところで足が出ないというシーンはあったにせよ、わりに広島のサッカーというのはできていたのではないかと思います。

ただ、最後のPA前まで来ると何もさせてもらえず。危険なシーンを全く作らせてもらえませんでした。逆にカウンターから何度も攻め込まれて徐々に手詰まり、追い込まれていった感じ。さすが鹿島です。それも若いし。

失点シーンは自滅が多かったですが、3失点目のFKなど恥ずかしいぐらい林は反応できませんでしたね。最初の入りでミスしたのをずっと引きずってしまったように体が動けていませんでした。守備陣との連携がまだまだ果てしないと感じさせるチグハグな内容でした。一度増田を試してみるというのもアリかもしれません。

寿人も全然試合に絡んでませんでしたね。同じワントップのダヴィと仕事量を比べてもあまりに守備が疎かです。周囲との連携も合ってません。相手の裏を取るシーンがゼロでした。今の寿人だとスーパーサブでも良いと思います。代わりに浅野、野津田辺りに経験を積ませる。か、戻ってきて好調を維持している浩司でも良いかもしれません。

塩谷もよくやってくれてましたが目に見えて疲労しています。ここはソッコでも良かったんではないでしょうか、森保監督?

完敗している以上、良いところを見つけるのが難しいのですが唯一のポジティブは清水でしょう。積極性を取り戻してきてます。1対1でも仕掛けますし、(全く合わなかったけど)クロスもどんどん入れるように意識してました。良い頃の清水です。ミキッチが戻ってきた時に左は柏なのか清水なのか、悩ましい選択を迫られそうです。

久し振りに清々しい程の完敗を喫したこのタイミングで、次の試合にどう臨むのか。ここにきて疲労が重くのしかかってきてますが、連戦を免除されている寿人やカズはもっと周囲を助ける動きをしてあげるべきだし、森保監督ももう少しメンバーをいじって選手の負担を軽くしてあげるべきだと思います。

体を回復させる間もなくアウェイ鳥栖戦がやってきます。
「もっと広島らしいサッカーを」などとは言えません。とにかく勝ち点1だけでも粘り強く取ってくれれば良いかな、と思ってます。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です