キリンチャレンジカップ 日本 vs ニュージーランド

そりゃまぁ青山目線で観ますわな。

日本代表では気合が入り過ぎて空回りなところがあるのでドキドキしながら見てましたが、ボールに2~3度触ってからは落ち着いたプレーで「サンフレッチェの青山」らしいプレーが随所に出てました。あの落ち着いたボール捌き、ようやく世間様に青山を見せる事が出来たのではないでしょうか?

前半、立て続けに得点を重ねて試合が緩んでしまったのが少し残念。もう少し緊張感のある中でのプレーぶりが見たかったところです。贅沢ですけど。

前半だけで交代しましたが、後半の劣勢な時に縦パス一本で展開を変えられる青山も見たかったです。あと柿谷が代表辞退したのも痛かったですね。大迫よりも裏に抜け出す意識が強いからそういったパスも出せてたでしょうに。

少なくともザッケローニ監督の期待は裏切らなかったと思います。もう青山、山口のボランチで良いじゃん。

試合自体はFIFAランク通りだったと思います。後半になって気合入れ直したニュージーランドに押し込められてしまいましたが、果たして何が悪かったのか。まぁ両ボランチが遠藤と細貝に代わったというのもあるし、岡崎が交代したのも大きいでしょう。正直、これ以上清武を試す必要ないんじゃね?と思うのですが…。

大迫は活躍できませんでしたが「同情するわー」の一言。特にACミランのあの人が元凶ですけど全然ボールが回ってきませんでした。もっと大迫にボールを集めないと「大迫、ハンパないって!」が見れるわけありません。本田はスタメン落ちでも良いんじゃないかい?それぐらい全盛期と比べてボールキープ、ドリブル、パス、運動量が低空飛行。無駄なエゴだけが維持されている感じ。もっとチームプレーに徹してろよ、と。地元で叩かれている理由もよく分かりました。

長友は運動量とドリブルだけは切れてたけどクロスの質、パスの成功率とも酷かったですね。ただサイドバックの代わりがなかなか居ないから何とも…て感じですけど。吉田は相変わらずの吉田で、森重は世界相手にはキツイかもという不安があります。あ、でも岡崎だけは相変わらず泥臭くて運動量も豊富で利いてましたね。

後半の印象もありますが、総じて「日本代表、大丈夫か?」という気持ちしかありません。特に守備は拙いですよね。ワールドカップではほとんど格上ばかりなわけですからニュージーランドに2失点もされるのは頂けません。もっともメンバーはほぼ固定でこれ以上新しい選手はないと思うので、どうしようもないですけど。

さて、本番までにもうあとはキプロス戦だけしかありません。
それまでにメンバー発表はあるのかな?青山には是非ともブラジルに行ってもらいたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です