2014 ACL サンフレッチェ広島 vs 北京国安

もう寿人が先発である必要は無いんじゃなかろうか。

ゼロックスの時も思いましたが、この試合でもその思いは強くなりました。

別に寿人が衰えた、という話ではなく「コンディションの良い選手を使っていきましょう」という事。それに寿人を先発から外して(例えば)浅野を入れたとしたらこれはもう下克上の始まりを告げるわけで、熾烈な先発争い、殴り合い、騙しあいの権謀術数の数々が始まるわけですよ。

要するに(要してないけど)浅野の自信に繋がるし、寿人の危機感を煽る事にもなって、より強いサンフレッチェが出来あがるという素人的算段なんですけどね。いや、それぐらいこの試合の寿人は良くなかったと思います、攻撃的な意味でも守備的な意味でも。

試合は昨季にも何度か散見された一本調子な内容で、とてもじゃないけど得点の匂いがしませんでした。唯一ミキッチの突破、石原の鬼キープだけが見所。青山にしても、間違いなく「青山」メインで観戦したであろうザッケローニ監督へのアピール不足だったでしょう。

チーム全体の課題だと思いますが、ホームなんだからもっと強引に仕掛ける姿勢が欲しかった。途中で奪われてのカウンターが怖かったのか、あまりにも慎重すぎて無難なプレー、様子見が多過ぎたと思います。「サンフレッチェが強いのはJリーグだけ」という内弁慶を打ち破って早く本物の弁慶になってもらいたい…。

ただ悪いところばかりじゃなく、私の中で終わりかけの選手「丸谷」が予想外の活躍をしてくれた事は収穫。このレベルで結構なパスミスをやらかすのはまだまだだけど、昨年まで大分でコンスタントに試合に出れていた自信が溢れていたのは確か。でもカズ、柴崎の次という位置付けは変わらず。もっと良い意味で目立って欲しい。

あと失点後に追いつけたのも良かったですね。
本当に最低限の結果でしかありませんが負けなかったのはまだ救いがあります。それも公式試合から中2日ですからよく頑張ってくれたと思います。次は待ったなしでリーグ戦がありますが、森保監督はしっかりと選手のコンディションの見極めをしてもらい、実績やレギュラー組は関係なく「状態の良い」選手を積極的に起用していってもらいたいです。

あと野津田ですが、局面の打開という点でまだまだ力不足を感じました。こういう時は高萩の方が良いかもしれません。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です