天皇杯 決勝 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス

まずはマリノス、おめでとうございます。
優勝に相応しいチームだったと思います。前半からの集中力、ボールへの執着心、チームとしての闘争心。全てにおいてサンフレッチェを上回ったと思います。

ここまで完膚なきまでに敗れたらどうしようもない。若干、主審がマリノス寄りのジャッジに感じましたが、そんなものが無くても完敗です。まさに強者の戦いだったでしょう。

正直、ザッケローニ監督は中村俊輔をもう一度代表に戻るように説得するべき。それぐらい充実しているプレーぶり。香川、本田よりも安定した上手さを持っていると思います。

対するサンフレッチェ。
本当に久し振りに「サンフレッチェが好きです」というのが恥ずかしいぐらいの戦いぶりでした。特に前半の臆病な、初めから「守って守って凌いで勝とう」という弱者の如き戦いぶりは決勝戦に出るにはあまりにもお粗末なチームだと怒りを覚えました。

決勝だからこそ!もっと伸び伸びとプレーして欲しかった。
リーグでのアウェイの首位攻防戦だったマリノスとの戦い。お互いの意地がぶつかり合った好ゲームで、あの時も敗れましたが、それでも「さすが広島!気持ちの入ったプレーを見せてくれたな」と誇らしく思えました。

なぜ決勝戦という舞台でここまで消極的で恥ずかしい試合したのか?
負けた事よりそのメンタルに対して腹が立ちます。こぼれたボールへの反応速度の速さ、ボールホルダーに対して2人3人とすぐに囲い込む集中力。全てで相手が上回ってました。まぁ疲れていた、というのも要因なのかもしれないけど、それにしても酷過ぎました。

この試合で相手に負けないぐらいの気持ちが見えていたのは青山ぐらいでしょうか。佐藤寿人、高萩に関してはリーグの後半戦からずっと調子が悪いので言う事はなし。これは起用し続けた森保監督の問題。だから短い時間でも何とか結果を残したいと功を焦る野津田は今日も空回り。来季はもっと野津田、浅野を積極的に起用してプレーに余裕が持てるようにしてあげて欲しい。

その野津田、浅野が短い時間ながらもこの決勝の悔しい舞台に立てた事は収穫なのかも。あと地味にミキッチが調子が悪かったのが痛かったです。

水本は守備しかしない時間が多かったので、もっと積極的に前に関わって欲しい。けど、彼のパス能力だとキツイよね、という現実的問題もあり。

ファン・ソッコはまぁ彼一人の問題ではないかな、と。対して清水はちょっと調子を取り戻したかな?消えてる時間も多かったけど、サイドの深い所で勝負したりしてクロスは上げてました。あとは精度の問題だけど。

結局マリノスにはリーグ2敗、天皇杯敗退と一勝も挙げる事が出来ませんでした。
この結果だけを見てもマリノスからは「王者に一度も負けてないし、本当に強いのは俺ら」みたいな口の悪い事を言われても言い返せない悔しさが残ります。

リーグ連覇、天皇杯準優勝と結果だけを見ると素晴らしいですが、今日のような試合を見せられるとウンザリします。実際、2013年はそういう試合も何度かありましたし。

つまり、まだまだサンフレッチェ広島は本当の意味での「王者」ではない、という事です。リーグ最少失点は素晴らしいですが、それによって失ったものも多いです。その失った魅力を取り戻し、リーグ3連覇という偉業に挑戦してもらいたい。

もちろん元日まで試合を応援する喜びを与えてくれた事には感謝。
お疲れさまでした。
しっかり休んで2014年度、ACLを含めて更なる高みを目指しましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

4 comments

  • リーグ戦もだけど、かなり圧倒されましたね。
    自分は中村俊輔だけじゃなく、ボランチの機動力の差が出たなって思います。カズはしょうがないけど、青ちゃんの機動力はリーグでもかなり劣るから
    あとMOMは石原です!守備頑張ってたし

  • > 和幸魂さん
    ホームでのマリノス戦ぐらい何もさせてもらえませんでしたね。

    > ボランチの機動力の差が出たなって思います
    まぁ、こちらのボランチ、カズと青山も悪くなかったと思いますよ。
    カズは確かにお疲れモードで大事なところで足が追い付かなかったのが残念でしたけど仕方ないかな、と理解しています。むしろその分、高萩や寿人がいつも以上に走ってカバーするべきだったと思っています。

    でも確かにマリノスの富澤選手と中町選手は色んなところに顔を出して存在感がありました。

    > あとMOMは石原です!守備頑張ってたし
    本当、苦しい中で石原は頑張ってましたね。よくやってくれました。
    そう考えるとやっぱり高萩と寿人はもっと守備にも貢献するべきです。特に高萩はドリブルはほとんど止められてましたし、フリーキックもノーチャンス。中村俊輔との格の違いを見せつけられたと思います。

  • 寿人と洋次郎に言及しなかったのは、シーズンを見て言い方はキツいですが、あれが精一杯だと思ったからです。
    ボランチの機動力は単純にスピードの事です。前から思ってたのが和幸は守備が基本だからしょうがないですけど、青ちゃんまでスピードがないと、フリーになれないし、守備では千切られる事が多々あるので。川崎の中村憲剛の動きは凄いです
    洋次郎と青ちゃんがもっと抜けた存在になって欲しい!(笑)

  • > 和幸魂さん
    確かに青山は「よーいドン」のボールでよく走り負けてますね(^-^;
    本当、唯一の弱点です。

    高萩は2012年と比べても質がかなり落ちています。
    もっと出来る子のはずなんで、もう一度2013年のプレーを見返してから新シーズンに臨んでもらいたいかな。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です