第34節 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

もうね、これしか言えないです。

おめでとう!ありがとう!お疲れ!

正直、マリノスとの首位決戦に敗れた時、「今年は優勝できないな」と諦めたし、C大阪に敗れた時は「優勝に値するチームじゃない」と投げやりになりました。

それに対して改めるつもりはありません。が、一番ダメージを受けているはずの選手達の方がキッチリと切り替えて次の試合に臨んだ、そのメンタリティには敬服します。本当、誇らしい紫の選手達です。

ずっと決定機を外し続けてチームを土俵際まで追い込んだ要因でもある石原が最後に決定機をしっかりとモノにしたのも何かの巡り合わせなのかな?とも思います。

冷静になった今、初優勝の時と比べてもちょっと強さが足りないという点において昨年よりも手放しで喜べない部分もありますが、最終的に優勝という結果を手にしたのは本当に凄い。運も確かにあったにせよ、この苦しい中で結果を出した選手達は来季にもその経験が活かされてくると思います。

そして今季限りで引退する中島。最後に出場機会を得られて良かったです。大ポカも多かったですが、局面を打開する為に最終ラインから積極的にボールを持ちだすプレイはいつもワクワクさせられました。苦しい時の広島を助けてくれてありがとう。広島に来てくれてありがとう。本当にお疲れさまでした。(正直な気持ち、もっと現役で出来ると思うんですけどね…)

リーグで優勝を決めたサンフレッチェ。最高の結果、連覇という栄誉を手に入れました。

更に幸せな事に今季のサンフレッチェはまだ終わっていません。天皇杯があります。

これはもう一つの勲章を手に入れるチャンス。
サンフレッチェに王者らしい貫禄を見せつける試合なんて出来ません。でも広島らしい試合ならどんな局面でもできます。その広島らしさを存分に発揮して星をもう一つ増やしましょう!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です