第32節 セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島

「決めるべき時に決めないと罰を受ける」の典型的な試合だったと思います。

ここに来てこんな試合するか…というぐらい慎重に入り過ぎた試合でした。気合いの入り方でセレッソに負けていたのが目に見え、ここ数戦で見せた執念が見られず淡白さを感じました。どうにもならないと焦りだした70分過ぎからは、なりふり構わない攻めを見せましたが、火が入るには遅過ぎました。

戦犯はどう考えても攻撃陣。まぁそれを言うと横浜戦でも柏戦でもあれだけのチャンスを外しまくっていたわけですから今更言うのもおかしいのですが。

むしろこれだけ攻撃陣が不調の中、何の手も打たなかった森保監督こそが最大の原因じゃないかと。高萩にしろ、寿人にしろ、石原にしろ、コンディションが悪いのならば控えにチャンスを与えるタイミングは沢山あったはずです(石原は得点以外での貢献度が高いから当てはまらないかもしれませんけど)。特に3連敗した時とか絶好の機会だったはず。

今の森保監督は頑なに序列を守り、采配自体が守りに入ってる感じがします。交代でも数を間違えてるんじゃないのか?と思われるぐらい2枚しか使わないし、交代する時間も同じ、負けているのに相手よりも後手になるとか、見ていてイライラしてきます。

今節も千葉ちゃんを交代させてましたが、逆に前が詰まって野津田が活きるスペースを潰してるんでは?というぐらい野津田が狭い中で埋もれてるし…。

もっとチーム内に競争を生んでもらわないと控え選手のモチベーションにも影響が出るでしょう。例えベテラン選手であろうと悪い時には外すという単純な勇気を持って欲しいものです。

昨季のセレッソ戦は歓喜の試合となりましたが、今季は絶望の試合となりました。もうこれは仕方ありません。セレッソの方が上手かったし、気持の入り方でも上回られました。完全な敗北です。

むしろこれまでの試合内容、特に後半戦の失速ぶりから考えてもよくここまで優勝争いに食い込めた、という「驚きと幸運」の方が大きかったのかなぁと思います。大事な試合をことごとく落としてきた勝負弱さは昨季とは違うもの。

寿人が得点できない事、高萩が覚醒できない事が終盤の失速だったと思いますが、それを補おうとしない森保監督の采配もまた、批判されて然るべきだと思います。

優勝はほぼ絶望でしょう。
後はどの順位でフィニッシュできるか。残り2戦、しっかりと連勝で終えるように頑張ってもらいたいですね。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です