第31節 柏レイソル vs サンフレッチェ広島

毎試合が決勝戦。一戦必勝。
選手達はまさにそうして臨んだ試合だったんだろうな、と納得いく試合。

唯一納得いかないのは森保監督の采配だけ。今、この時期に欲しいのは「何としても勝ちきる」事で、「安定した計算できる戦い」じゃないはず。どんどん選手を代えて強烈なメッセージを送らないと。一枚余しとか…何で?

柏レイソルは確かに強いですが、少なくとも今節の柏はレギュラーメンバーが居ないため、広島にとってはチャンスだったはず。実際、アウェイながら多く攻めたし惜しいシーンも柏より多かったと思います。最後の「何としても1点」の気迫は鬼気迫るものがありました。このメンタリティは賞賛されるべきなのですが、やはりこの時期になると「結果が全て」。選手達はこの悔しさを自分達の中でしっかり消化して、次節に臨んでもらいたい。

特にファン・ソッコ。シュートチャンスや良い飛び出しが何度かありながらも消極的だったりミスをしたり。1本でもモノにしていればチームにとっても本人にとっても乗れただけに残念。この不甲斐なさを徹底的に反省して次節に強い気持ちで勝負してもらいたいですね。ミキッチに頼りがちですが、たまにビッグチャンスに絡む点は清水よりも余程期待が持てます。

寿人、高萩ともに結果が出ていない以上、物足りません。
寿人はここ数試合、行方不明になる事が多くてあんまり良くありません。象徴的だったのはゴール前で頭付近に上がってきたクロスを左足で触ったのですが、そのまま柏GKの胸元に収まったシーン。恐らく触って角度を変える、というより自分の足元にフワっと落とすようなイメージだったのだと思いますが上手くコントロール出来てません。そもそも絶好調ならオーバーヘッド気味に叩いていたと思います。狭かったですけど。

あのシーンを見た時に「寿人は代えるべき」と思いました。けど森保監督は動かず。確かにたったワンプレーでゴールを陥れる寿人なら「どこかでやってくれるんじゃないか」という期待を持ってしまうし、実際に結果を残してきたストライカーです。でもあれだけしっかりとマークされ、この数試合抑えられている以上、「ダメだ」と思ったら代えるべきだと思います。まぁ「ダメだ」と思わなかったから代えなかったんでしょうけど。

もし寿人を残すのであれば今度は高萩を代えるべきでした。今節もパスミスが多く、自分と周囲のイメージが合致していない模様。ドリブルで2~3人をかわしてPA内にまで運んだシーンが唯一の見せ場かな。(珍しく)千葉ちゃんが交代してからは、サイドに流れてボールを受けてましたが、あれは割に良かったかな。しかしトータルで見ると「悪いイメージ」の方が勝ちます。パスミスしかり、軽い守備しかり。

攻撃はどうしても前列3人のプレーが鍵になります。その内2人の調子が上がらないのでは単発なサイド攻撃で終わってしまいます。森保監督、もっと勝負に出てくれ!

石原、青山、塩谷、ミキッチ、西川のプレーは半端なかったです。

水本は何度かレアンドロ・ドミンゲスのところで上手くカットしていました。うーん、悪くないけど良くもない、ていう感じ。正直なところ「水本のところに槙野が入るともっと攻撃の打開策が生まれるのになぁ…」とか最近思ってしまう自分がいます。それぐらい攻撃の時に無責任なパスや逃げを多く感じます。

山岸は相手のマークに付けきれず寄せきれず、失点に絡んでしまいました。
でもこの失点は山岸の責任というより森保監督の責任だと思います。せめてセットプレーの後に交代するべきでした。その後の山岸は高萩とも上手く連動してチャンスを何度も作ってくれます。状態はだいぶ良さそう。

清水はミキッチのアクシデントで入ってきましたが「うゎ。終わった…。」と思ってしまいました、悲しいけど。危機感を持ってもう少し頑張らないと、今のままだとそのままフェードアウトしていくと思います。

という事で3連敗辺りから本格的に森保監督に対して懐疑的になってきました。先発メンバーに対しては全く文句は無いんですけどね。試合中は選手達に託す事が多過ぎな気がします。「70分くらいでサイドを代える」「先制したら80分くらいで寿人と野津田を代える」みたいなコマンドしか選択肢が無いんじゃなかろうか。あと3試合しかありません。もっとチャレンジしてくださいよー。

勝ち続けなければいけない試合を引き分けてしまった広島。
遂に優勝戦線から離脱かと思いましたが横浜が負け、浦和が引きわけてギリギリ首の皮一枚繋がりました(鹿島がグッと近づいてきましたが)。だからこそ今節、勝っていれば本当に大きかったのですが今更言いますまい。少なくとも選手の頑張りを見ていると、とにかく目一杯応援する以外ありません。

悔いが残らないよう全力で戦っておくれ。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です