第30節 サンフレッチェ広島 vs ベガルタ仙台

マリノスとの天王山に敗れて後がなくなったサンフレッチェ。
ここからの試合はトーナメントと同じで、負けた時点で優勝争いから脱落するといっても過言ではないシビれる戦いが続く事に。

そんな中、迎えたベガルタ仙台戦。攻める時間が多いのですが点が決まらないジリジリした展開。後半40分、最後の最後でシュートを外し続けた石原が得点を決めてようやく試合を動かし、そのまま試合終了。なんとか優勝戦線に踏みとどまる事ができました。

この試合、石原が全てだったような気がします。
横浜との試合もそうでしたが、この試合でもドフリーの決定機で外した石原。前半だけで2回はあった「決めるべき時」を外し、いつ交代させられてもおかしくない状況でしたが森保監督は信頼し続けそのまま起用。

そしてその信頼に応えるべく試合終了間際にようやくシュートを決めた石原。この決勝点で勝利を決めた広島は今後の戦いでも勢いに乗る事ができるでしょう。我慢し続けた森保監督とそれに応えた石原、天晴れ!

という話なんですけど、私としてはどうにも納得いかないのが事実。
横浜戦でもそうですが、今節も早い時間帯の決定機に石原がしっかりと決めていればここまで難しい展開にならなかったはずです。もちろん得点以外のところでの活躍はあるので別に石原に不満があるわけではありません。ただ「決めるところは決めてよ」と思うだけ。

不満があるのは森保監督。事実として残るのは「ブレない戦い方」「我慢強く信頼し続けて起用」「チームが勢いに乗る勝利」。いや、それは分かるし、実際に今節は石原が期待に応えたわけだから結果は大成功なのも分かります。

それでも今節を見て思うのは「あまりにも無策じゃないかい?」という思い。
前半だけで決定機を外しまくった石原。後半に向けてテコ入れをする必要があったと思います。それは石原を交代させるのではなく、ミスが多く判断も遅かった高萩でも良いし、完全にマークされ守備でも全く利いてない寿人でも良いのです。何か対策を立てる必要があったのではないでしょうか?

もちろん、これまでの戦い方で前半から動く事なんてない森保監督だから当然のように同じメンバーで後半に臨むわけですが、それからの30分は相手が広島に慣れてしまったせいもあって、決定機も作り出せない攻めあぐねるいつものサンフレッチェになるのもこれまた既定路線。

少なくとも今節からの残り5試合は一戦必勝。何が何でも勝利を取らなくてはいけない試合です。座して死を待つよりも積極的に攻める姿勢が見たかったです。特に野津田が力を発揮しだした状況だけにもっと長い時間出場させて欲しかった…。

ただ選手達は本当に気持ちの入った試合をしてくれたと思います。なんというか「頼もしい」の一言。この追いつめられた状況の中でビビらずによくやってくれました。後はシュートをちゃんと枠に飛ばすようにしてくれれば言う事なしです。

まずは1勝。大事な5戦の一つをしっかりと勝利を収めてくれました。(横浜、浦和次第ですが)もう5連勝する以外に優勝なんて無いと思います。タフな試合が続きますが、今のサンフレッチェならやってくれると思います。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です