第28節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

キタ!3連勝!

優勝争いも佳境に入ってきて毎試合負けられない戦いが続く中、戦える集団、精神的なタフさが戻ってきたサンフレッチェが3連勝を果たしました。それもまさかの逆転勝ち+野津田という期待の新戦力の覚醒、と勝った内容も今後に繋がるものとなりました。

清水は攻守の切り替えが早く、こちらがカウンターを発動しようと思っても既に分厚い守りを敷いて攻める手立てを奪い、なかなか攻めきる事が出来ませんでした。対する広島も相手の狙いであるラドンチッチ選手に当ててのセカンドボールというプランをほとんど抑え込む事に成功し、お互いが主張しあい、お互いが潰しあう、なかなかにスリリングで締まった試合でした。

そんな中、絶好調の大前選手を青山が手を引っ掛けて止めたという事でPK。これを確実に決められ悪夢の先制点を相手に与えてしまいます。

正直、これだけタイトな守備をかいくぐって同点に追いつくなんて厳しいな、というかそもそも逆転できる力がない広島だけに、この絶望感はなかなかのもの。

そんな中、この試合でもなかなか調子が上がってそうにない塩谷が相手のクリアボールをそのまま弾き返す形で豪快なミドルが決まり、同点に追いつく事に成功。先制点を奪われてから5分後という早い時間帯も幸いしたのか勢いが出てくる広島。

その3分後には高萩の負傷交代という形で入った野津田がPA外から思いきったシュートを放ち追加点を奪います。その後も前掛かりに来た清水に対してカウンターを発動。ミキッチの優しいラストパスを受けた野津田はしっかりと相手GKを見て冷静にゴールに押し込みダメ押し点。これでようやく「勝てた」と確信。

その後も相手に隙を与えず、危なげなく試合終了。
マリノスとの首位決戦を臨むにあたり、勢いのつく最高の状態で試合を終える事が出来ました。

これまでの2連勝の原動力となった高萩の復調。好事魔多しとは言ったもので、その高萩が負傷交代となってしまいました。この試合でも攻めあぐねる中で唯一可能性を広げるパスを何度も繰り出していただけに非常に痛い交代だったな、と。結果、交代で入った野津田が大活躍したので良かったのですが、次節の首位決戦までに治る事を期待します。

そして野津田。前節でのPKでは「広島、応援してて良かったなぁ」と思えたものですが、それが自信に繋がったのか、並のプレーから一段上のプレーを披露してくれました。競り合ったボールは確実にモノにし、高萩のように相手の想像の上をいくパス出しで味方に繋ぎ、前線にリズムを作り出します。シュートも出来過ぎなくらい、枠内にしっかりと飛んでましたね。優勝争いが激しくなる中、こういう若手の台頭は頼もしい限りです。

最近は佐藤寿人もしっかり前からボールを追うシーンも増えてきました。FWは点を取ってなんぼとは言え、やっぱりファーストディフェンスとしての役目をこなすのも必要ですからね。良い傾向だなと思います。

清水は攻撃面で多少は良くなったと思いますが、逆に昨季あれだけ良かったディフェンスがザルになってきてます。ただ、山岸よりはマシという感じなので「うーん…」という気持ち。ヒョンジンはどうしたのかしら?

今節では交代が野津田、山岸、岡本。高萩の交代が想定外だったとしても結果的に良い交代だったと思います。もし高萩が負傷していなかったら、いつも通りミキッチ、清水、寿人の3人が交代だったでしょうね。ミキッチには酷だけど、ミキッチ残しで前線2枚の交代は前線からの守備の強化という面でも期待が持てるだけに良かったと思います。

さて、1位から4位までの勝ち点差が3という熾烈を極めてきた優勝争い。
個人的に一番怖いのは4位の鹿島。ここに来て絶対王者本来の力強さが戻って来た様子。幸いにも鹿島との試合は最終節。何とかしてそれまでに連勝を積み重ねて優勝を決めてくれていれば…。

何にせよ、次節の横浜マリノス戦が天王山。
ここ最近、全く勝てていませんが今の勢いは広島の方にあるはず。一戦必勝で勝利を掴み取り優勝戦線に生き残りましょう!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です