第25節 川崎フロンターレ vs サンフレッチェ広島

遂に来ちゃった正念場!てやつですか?

悪い流れをこの中断期間で全く立て直せず、同じように球際を負け続けての敗戦。現状「戦術ミキッチ」以外の打開策がないのが辛い所。いや、それよりも明らかに良くない高萩、清水を先発にしなくてはいけない人材不足の方が深刻なのかもしれません。

ここ数試合は選手よりも監督の能力に疑いを持たなくてはいけない。そう考えてます。

危惧した通り、この試合もどうやら「選手の頑張り」に期待する以外に策は無いらしく、選手もそれに応えるべく頑張っていたと思います。高萩、清水にしても悪いなりに頑張ったんだと思います。川崎の先制点は高萩の足だけで行く軽い守備から、追加点は清水がずっと負け続けた森谷選手にボールを上手く奪われてのカウンターと失点に絡むのも仕方なし。だって良くないんだもん。足を引っ張るのは当然ですよ。

短い中断期間でやり方をガラッと変えるわけにはいきません。
でも全く守備をしない1トップ2シャドーに「走れ!」というゲキぐらいは飛ばせるのでは?それでも走れないんだったら人を変える決断があるでしょう。それがたとえ絶対的エースの佐藤寿人でも。

もはやスペースを埋めるだけの守備では勝てません。かといって(この試合でも何回か見せましたが)前から追いこもうとしても簡単に外されて、まるでジーコジャパンの頃を見ているかのような守備が現状です。

敢えて書きますが「それでも愚直に続けるべきでしょう」。攻撃も守備も形が作れない以上、残された作戦は走るしかないんですよ。そしてそれを90分間やり続ける事が出来る選手をまずは出していくべきだと思います。

リーグ期間中、システムを弄るのはリスクがあります。それは理解できます。だとしたら同じシステムの中で違う人間を当てはめてやるのが監督じゃないの?今、広島の中で替えの利かない選手は青山と森崎和幸だけだと思います。1トップ2シャドーなんてこの5試合機能なんてしてないんだから、浅野、野津田、岡本を先発に組み込む勇気を森保監督は持つべき。

監督になって初めてきた「チームが上手くいかない」苦境。遂に来ちゃった正念場。寿人、高萩を外す決断力があるのかないのか。彼の監督としての資質が問われる瞬間が来ています。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です