第23節 ヴァンフォーレ甲府 vs サンフレッチェ広島

ビックリするぐらい予想通りでビックリしたわ!

どうせなら4~5点取られて「今のままじゃ全然アカンよ」と甲府に見せ付けて欲しかったぐらい完敗でしたね。それも同じような戦術でありながら、長くやってるこっちが手も足も出ないっていうね…。

城福監督、さすがやでぇ。守り方はサンフレッチェのようでも、もっとアグレッシブにボールを奪い、奪ってからの素早いカウンターの仕掛けは「ふつくしい」。そして終盤まで衰えない運動量。選手にしっかりと発破かけたんやろうな。森保監督を否定するわけじゃないけど彼が広島に来てくれていたらなぁ…と思わずにはいられませんでした。システムが同じ分、特にね…。

選手層では絶対に広島の方が分があったはず。ミキッチ、石原は居ませんでしたがそれでも青山、寿人、高萩、水本、塩谷、千葉、西川と揃っていたわけです。でも負けた。これをしっかりと森保監督は事実として受け止めて欲しい。

明らかにここ3戦でチームとして戦えていない。高萩は前節と全く同じだから言及するのは止めますが、一言だけ言うと「ウォーキング技術が更に加速したね」

それから初先発の川辺。悪い意味で大人というか冷静ですな。サイドを割りそうなボールを早々に全て諦めるのはどうなん?ミキッチを見習え。ギリギリ届きそうにないボールでも全力で取りに行きます。そして追いつきチャンスへと繋げます。

ミキッチに勝ってるのは年齢だけなのに、一つ一つのチャンスに賭ける熱量でも負けてどないすんねん。今のままだと大成できずにJ2武者修行の旅に出る事でしょう。

寿人も良くないですね。2シャドーに全くボールが収まらないので攻撃面では仕方ないにしても、守備面で全くやり方を変えようとしてないです。悪い流れをそのまま持ってきている感じ。今節では特に同じポジションだったパトリック選手との差が明確に出ました。ファーストディフェンスとして簡単にパスを出させないように限定させる動きをするとか、前から守備を頑張って後ろを楽にしてあげるべきです。ましてここまで連続失点で悪い流れなのだから。キャプテンならそこまで考えてもらいたいところ。

清水は対面の柏選手に負け続けました。まぁそれが清水の今の実力だから仕方ない。

水本は前節と同じくDFの凄みが感じられました。特にパトリック選手と競り勝って相手のイエローを引き出したプレーは気迫がこもってました。「今、チームが悪い流れだからDFが踏ん張らなくては」という気概が感じられる守備をしてきてますね。1トップ、2シャドーはその意気に応えるべき。

DF陣は最近水本がズバ抜けて凄いけど、それなりによくやっていると思います(失点はしてますが…)。この3試合でミキッチと塩谷の「滅多に入りそうにないスーパーなシュート」だけしか得点できていない事の方が大問題。

幸い森崎浩司が戻ってきました。石原と違い、攻撃の流れを循環させる能力に長けているので、これまでとは違った攻撃が出来てくると思います。そこだけが唯一の楽しみ。

そして森保監督、頼むから一度高萩を外してください。彼の一瞬のヒラメキに期待しているのだろうけど、今の高萩は「+10」のポジティブに対して「-50」のネガティブでしかありません。どうか、どうかお願いだから英断してください。いや、マジで。

次節は最近同じく調子の上がらないFC東京。台風が心配ですが、遠ざかっている勝利を目指して頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です