第20節 サンフレッチェ広島 vs ジュビロ磐田

酷暑の中での試合。
先制点が大きな意味を持つ中、佐藤寿人が見事にそれを実現。後半、追い付かれるも交代出場のファン・ソッコが鮮やかなミドルシュートを決め突き放すと、最後まで相手の怒涛の攻めを凌ぎ切り勝利。

これで前節敗れたマイナスを帳消しにする事に成功し、首位をキープする事となりました。

岡本はもっと早く投入でも良かったじゃん?とか多少の不満はあるものの、森保監督の采配がズバリと当たりました。こういう勝ち方が出来るって、サンフレッチェもなかなかに手強い存在になったんじゃなかろうでしょうか。

今節は守備が結構ずさんでしたね。ずさんというか、磐田に翻弄されてしまったと言うべきか。相手は前線で的を絞らせないように速いパス回しで一気に広島のPA内まで侵入しようとしてきました。最後は両サイド(どちらかというと駒野サイド)に渡してクロスで攻めきる、という形。バーに助けられたりしましたが、よく凌いだな、と。

しかし失点シーンではマークがズレまくりでガチャガチャした中、角度のないところでのヘディングを決められました。西川も反応できたはずなのに見送ってしまった格好。ズルズルと守備ラインが下がってしまうと何かあった時に失点に直結するからあまり宜しくないですよね。もっと中盤辺りで簡単にパスを出させないようにタイトに守備にいくべきだと思いますよ。ね?高萩。

という事で東アジアカップ以降の高萩は酷い出来ですね。意識がどう変化したのか知りませんが、少なくとも呼ばれる前と比べると明らかにレベルダウンしてる感じ。ボールも収められないし、パスも人任せなパス。守備もただ居るだけでファーストディフェンスの壁とはなり切れず…。岡本や野津田にチャンスを与えて危機感を煽っても良いかもしれんのじゃないでしょうか?

逆に青山は今節でも好調。というか今節は好調?前節はチームとして悪過ぎた中、運動量多く攻撃に守備にと関わって、唯一目を引きましたが、対面した柏木には敗北(したと私は思ってます)。

今節ではマンマークをされず自由にボールに触れて前を向けた分、自身の能力を発揮。精度の高いパスで展開を変える働きを十二分に発揮してました。やはり今回のキリンチャレンジカップで再選出された事が大きなモチベーションになってるんでしょうね。今の青山であればレギュラーメンバーに勝てる要素は持っているので自信を持って挑戦して欲しい。連戦の疲れが心配だけど…。

石原もこの酷暑の中、守備に攻撃に奮闘してましたね。ただトラップが跳ねる分、ボールを受けた時に狙われていたのは良くなかったかな。寿人は先制点を決めたのもそうですが、前線からの守備を結構頑張ってました。相手のボランチに対してパスコースを切りながら守備に全力で行ったり、ゴールキーパーまで全力で追ったり、いつもの寿人を違う感じがしました。身体が小さくてもボールを受けるし、ファールを上手くもらったりしてチームを助けてくれました。ただ寿人の守備に反応せず形だけ守備をしている高萩が残念でしたが…。

水本は完全にこの酷暑でやられている感じ。全く守備の凄みが見せれなくなってます。足元もそんなに上手くないから展開力もないし、ちょっと苦しいですね。カズは相変わらずのカズ。でもやはりこの酷暑でなかなか動きが少なかったのはありました。まぁ仕方ないでしょう。むしろあれだけ青山が動けるのが驚異なんですけど。

ギリギリ勝ち点差1で首位に居る広島。負けられない戦いが続きます。

しかし次節は好調名古屋。今節は浦和も沈めて4連勝?5連勝?とか。名古屋の選手のコメントを読んでると、まんま広島対策に当てはまるので正直、とっても怖い。まして今節同じ戦い方を体験している分、より整備された準備をしてくるでしょう。

暑い日がつづきますが、ここが正念場です。
なんとか勝利し、連覇に向けて一丸となりましょう。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です