第15節 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ

好調フロンターレを迎えてのホーム。

広島はエースストライカーのエース級の働きにより川崎を撃破!リーグ再開後の2連戦を連勝で飾り、首位を追走する3位にまで昇ってきました。

「ACLも無ぇ!ナビスコも無ぇ!車もそんなに走っちゃ無ぇ!」の広島でしたがリーグ戦は好調。いや、好調という程の良い戦いが出来ているわけではありませんが、しっかりと結果を出してる辺りは地力が付いてきているのでしょう。

この試合でもそう。昨季は「終わってみれば完勝」だった川崎フロンターレに試合を支配される時間が長く、どちらかというとフロンターレの方が自分達の戦いが出来ていました。2点を先行されるも後半からギアを上げて、広島の浮き足立ったところを逃さず一気に2点を返してきました。

このままの勢いで行けば広島の負け試合でしたが、川崎にとって不幸だったのはウチのエースが超絶だった事。まさに佐藤寿人の日。11日では無かったものの、前祝いとばかりにハットトリックを達成。それも全てワンタッチでのゴール(これ豆です)。

フロンターレとしては攻撃に意識が行きすぎて自滅してしまった感じ。同点に追いつけたなら一度落ち着いても良かったのかも。勢いを考えると難しいとこだけど。

という事で、昨季から全くスタイルを変えない広島はこの一年であわやのところまで川崎に追いつかれてしまいました。追いつかれたといっても、そこから先が結構縮める事が難しい距離ではあると思いますが、やはり不安です。守備が良いと言われてるし、実際に結果も出してますが、あのズルズル下がるのはあまり受け入れる事は出来ません。攻撃のスタートもカズと千葉ちゃんがほとんどだから読まれてるし。もう少し柔軟な戦い方があっても良いと思います(それでも勝っちゃうから凄いんだろうけど、もっと賢い方法があると思う。多分)。

気になった選手だとやっぱり水本と森崎和幸。MOMはさすがに寿人だけど、その次はカズだと思います。前節の東京戦でカウンターを何度も受けた教訓があったのか、「ちゃんとシュートで終われ!」と前線に促すかのようなミドル。地味だけどちょくちょくボールホルダーにプレッシャーを掛ける運動量。周りがもう少しそれに連動してあげるべきだと思います。

そして水本の安定感!相手が「ここは大丈夫」と油断したところで刈っていくセンスは抜群です。

それから西川も相変わらずキックの精度がシビれます。何であんなに味方にバシっと合うのかしら。

青山、高萩は今のままではとても日本代表にはなれません。

最後に森保監督の采配ですが、今節は納得。交代で入ったソッコも活躍したし。ソッコの駆け上がりから清水へのパスは大いに可能性を感じました。清水も良い仕掛けを見せてくれました。
やっぱり左サイドは「清水 >> パク・ヒョンジン >= 山岸」というのが私の序列かな。清水を先発で使ってもらいたい。

さて、遂に首位大宮を捕まえる事ができそうな位置にまで順位を上げてきたサンフレッチェ。このまま相手が根負けするぐらい連勝を続けてくれても良いのよ。

本気で連覇を狙いましょう!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です