第14節 FC東京 vs サンフレッチェ広島

リーグ再開の初戦、サンフレッチェは終了間際のパクヒョンジンのフリーキックが決まり勝利。野球でいうとまさにサヨナラホームラン。勝ち点3という結果を手に入れ、素晴らしいスタートを切りました。

試合内容は、柏と違いガチガチの広島対策では無かったので、ある程度広島のやりたい事がやらせてもらった感じはしました。ただ、どうしても中への縦パスが多くて、それを狙い目にカットされてカウンターを受けるという場面が目立ちました。それならば佐藤寿人を囮にして、森崎和幸のように積極的にミドルシュートを狙う事も大事ですよね。とにかくシュートで終わるようにしないとカウンターを受けて体力を消耗するのは得策ではないです。

私が目に付いた選手ですが、まず青山。ザッケローニ監督の視察が頭にあったのか、先週の青山とは全然違う…。積極的な縦パスを何度も入れてました。遠いサイドにドンピシャのパスも出すし、ドリブルでボールを運ぶシーンも見られました。とっても良いんだけど、ザッケローニ監督が居なくてもやって欲しいところ。

石原はとにかくトラップがはねて、そこを何回も刈られてました。ボールがほとんど収まらずちょっと良くなかったです。やっぱり寿人や青山、高萩、カズのように速いボールでもピタっと足元に吸いつくトラップができないと厳しいかな、と。

高萩も相変わらず良かったけど、PA内でドフリーでボールを受けた時にしっかりと決め切って欲しかった…。トラップに失敗したとはいえ、フェイントが余計だったかな。ザックに呼んでもらえるとしたら一番高萩が可能性が高いと思ってたから、あれはかなりの減点材料になったかもしれません。

カズはここ最近、本当に凄い。後ろからの組み立てもさる事ながら、ここぞという時の攻め上がり。ミドルシュートも枠を捉えてるし、危機察知能力も冴えてます。岡本にとってカズ、青山の両看板に割って入るのは相当高い壁です。

石原と同じく、今節は残念な感じだったのが山岸。対面の徳永選手の能力の高さに完敗でした。交代で入ったヒョンジュンが劇的なFKを決めてくれましたが、私の中の序列ではやっぱり清水先発が良さそうです。

森保監督の采配、良かったと思いますが、野津田を入れるのが遅すぎじゃないでしょうか?後半10分を過ぎた辺りから漂う閉塞感。それを30分近くも続けてしまうのはどうなのかしら?もっと決断力を持って積極的に動いて欲しかったですね。

終わり方としては今後チームとして乗れそうな幕切れだったのは良かったです。
次節は今絶好調らしい川崎。昨季で苦手意識は無くなったのですが、広島は絶好調のチームの勢いに負ける事が多々あります。とにかくホームなのでしっかりと勝ち切って連勝で上位に喰らいついていきましょう!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です