ナビスコカップ 準々決勝 柏レイソル vs サンフレッチェ広島

準決勝アウェイでの2戦目。

やはり序盤から1戦目と同じ作戦でくる柏、攻めあぐねる広島って感じの試合でした。そりゃ一週間しか時間が無いから大した事はできません。出来る事は選手の意地に掛ける事ぐらいです。

で、その意地の部分は?というと、これはもう文句なしなんですよね。

果敢にリスクを承知で、しかし絶好のタイミングを見計らって後ろから攻めあがる塩谷。ドリブルで深い位置まで運ぶ森崎和幸。1戦目の借りを返さんとばかりに対面の山中選手を押し込むミキッチ。絶妙なポジションでボールを受け自在にパスを出す高萩。試合の終盤まで全力で走り、攻守に貢献した石原。得点という結果を出した佐藤寿人。DFの凄みが戻ってきた水本。あと清水…清水よぉ…。

それでも一歩及ばず。

最後に鈴木選手を投入して明確な「守れ!」を見せたネルシーニョ監督の勝ちでした。少なくともこのナビスコカップ準々決勝は監督力の差で負けたといって良いでしょう。それをサンフレッチェの選手の「意地」で対等まで持ってこれたのかな?という印象を持ちました。

という事でこの試合は勝ち試合という事もあるし、選手がリスクを負ったという事もあり、それなりに柏を押し込めた試合でした。「それは仕方ない」という柏の選手の割り切りもなかなかですが…。

また水本の守備が凄すぎて柏のカウンターを封じたのも胸がすく思いでした。ようやくDF職人水本が本領を発揮してくれました。これは今後のリーグ戦でも期待が持てます。

唯一気になったのは青山。しっかりと張り付かれて自由にできなかったのかしれませんが、それでも安全なプレーに終始。全く相手にとっての脅威となれず、私的には正直メンバーの中で最低評価の0点です。もう少し頑張ってボールを運べるようにならないとアカンでしょう。んで、引き付けといて逆サイドにエグいパスを出す。青山だったらそれぐらい出来るはず。

もう一人、清水。うーん、何とかしようという気合が空回りしてあっさりレッドカード。もっと冷静にならんと。確かに2枚目のカードは厳しかったけど、それまでのプレーの印象でいくと出されてもおかしくなかったんだから、気をつけるべきでした。退場した時に観客席から「消えろ!」という怒号が聞こえましたが、その辺はさすがの柏クオリティ。なんか笑った。

寿人はさすがの寿人。胸トラップからのボレーシュートが見事に決まりました。高萩は水本と同じく、この試合で一番輝いていたと思います。柏は高萩をちゃんと見てないの?というぐらいフリーでボールを持って攻撃のリズムを作ってました。囲まれてもなかなか奪われないし、色んなところにパスを出せるし、好き放題にやってました。ザッケローニ監督は是非彼を見て欲しい。

交代枠は今回も一枚余し。ヒョンジンは想定外だろうから実質2枚余し。森保監督が使いたいと思いたくなるほどのアピールが出来ていないのか分かりませんが、メンバー固定し過ぎてどうなんでしょ?実際、ベンチを見る限り、野津田と清水以外出しにくいですけどね。岡本はもう一度鳥栖で試合勘を取り戻していく方が良いんじゃないかな…。

これでヤマザキナビスコカップも終戦。
ACLも早々に敗退と、なかなか寂しい結果になってきましたが、まだ天皇杯とリーグがあります。ベンチを含めた全員でタイトルを獲って欲しいですね!

ね?森保監督!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です