第9節 サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル

してやられた。

もうそんな感じ。過密日程でヘロヘロの柏は最初から守備に重点を置いて、奪ってからのカウンター1本に絞ってた模様。要するに効率よく無駄追いをせずに待ち構える形でしょうか。カウンターは広島の帰陣が素早いので発動できませんでしたが、完全に広島の勢いを殺して試合を終わらせたのはさすが。そのお陰でスペクタクルとは程遠い「くそつまらん試合」になってしまったのは仕方がないところ。

これは別に「レイソル、つまんねー」という話ではなく、彼らは過密日程の中、更に浦和戦の反省を踏まえて、出来得る最上の形で自分達の試合に持ち込んだ試合巧者なわけで、やっぱりネルシーニョ監督って良い監督だよね、というリスペクトは変わりません。

むしろこんな試合になってしまったのは柏というより広島のせいだと思います。もっと言うと広島の選手というより森保監督の采配じゃないかと。

選手は結構頑張っていたと思います。
特に後半は森崎和幸、青山、塩谷が中心となってリスクを負いながら後ろからの崩しを敢行してました。実際、際どいところまで持ち込めたし、広島の時間が長かったと思います。広島では異彩を放つドリブラー「ミキッチ砲」も発動させて右サイドを席巻。何とかしようという高萩のプレーもようやく輝きを若干放ちました。全員、やれる事をやったって感じはしました(左サイドを除いて)。

で、森保監督。酷すぎたヒョンジンを代えるのは分かります。
が、交代はその一枚だけ。

だったら絶対に勝たなきゃならんでしょ?

「この展開で良し」と見たのか「選手が良いのでこれで良し」と見たのか分かりませんが、展開を変える必要が無いと判断したのなら、是が非でも結果が必要でしょう。

まだ「寿人が抑えられているから違うタイプの石原をワントップにしてみよう」と展開を変えてみてダメだったら納得いきます。前後半を通じて同じような展開が続いているのに「これで良し」としたなら「それならせめて勝てよ」と思います。ちょっと納得いきませんでしたね。ミキッチを代えなかったのはナイスでしたけど。

という事で、今節の引き分けは両監督の実力差が出た引き分けだったと思いますが、選手はそれぞれ良くやってたと思います。石原は中盤に下りてボールをもらった時に、もう少し珠離れが良ければもっとスムーズに攻撃が出来そう。塩谷はプレーに完全に自信が付いた感じ。相手のバランスを崩す攻め上がりは森脇が居なくなって失われていたもの。ようやく取り戻しました。

逆に反対サイド。ヒョンジンはどうした?試合を重ねるごとに悪くなっていってます。特にクロスの質の悪さは目立ちました。なんでコーナーキック任されてるの?そろそろ清水が見たい。特にこの試合のような展開になるとドリブルでゴリゴリ行けるような人間が必要です。今節の山岸は良い山岸でしたが、ドリブルの突破力だと清水じゃないでしょうか。ケガも治ったんだろうし、ここらで清水か山岸のどちらかを先発にして欲しいところ。

そして水本。一時期と比べても格段に守備も良くなったし悪くないけど、やっぱりこういう時には自分で持ち込んで仕事が出来る槙野のような存在が欲しくなりますね。右サイドのミキッチ、塩谷の連携と比べても貧弱です。

疲労度からいくと明らかに有利だった広島ですが、柏に上手く守られて結局スコアレスドロー。
ゴール前の攻防も少なく、両チームのサポーターじゃない限りチャンネルを変えられる試合内容でしたが、少なくとも青山、カズ、ミキッチ、塩谷、石原、寿人は調子が良い事が分かりました。高萩も徐々に調子が上がってきたかな、と。それが分かっただけでも収穫があった、とポジティブに考えたい。

これからは日本代表を応援する日々になりますが、この中断期間でしっかりと全員が準備をして、中断明けから連勝ラッシュになる事を夢見ます。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です