第13節 サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレ

ふむ!これで下位に沈む相手にしっかりと勝ち切り3連勝!
危なげなく勝利を収め、首位に付いていく事ができました。

試合は、前節の甲府戦と同じでやはり選手の質が違うな、と思いました。それでも湘南の選手は甲府と違い、試合の最後まで足が止まらず、積極的に攻めてきてました。もうすぐ止まるだろう、止まるだろう、止まらないの?止まろうよ。止まってよ。て感じで、時間が過ぎても守備から攻撃からきっちりと走って広島に喰らいついてきました。

湘南の選手が「前半、失敗したなぁ」とコメントしていた通り、前半から後半のようなアグレッシブに来られたらかなり拮抗したかもしれません。とは言え、後半の運動量を考えれば前半から同じだけ動けば、やっぱり足は止まると思いますけど。

広島としては良い戦いができたのではないでしょうか?相手が引いてパスコースを消されても水本、塩谷が持ち込んでバランスを崩すような戦いが出来てましたし、奪いにいけそうな時は前から取りにも行ってました。速攻と遅攻の使い分けも良かったし、ピッチを幅広く使った戦いも出来てました。ただ、後ろからの構えた守備は相変わらず危険との紙一重で、ワンタッチで動いてパスを回されると途端にピンチになるのでもう少し改善して欲しいのはあるんですけどね。無失点という結果が出ている分、何とも言えないのですが…。

選手では塩谷。試合を重ねるごとに、徐々に躍動してきました。読みの鋭さによる守備に加え、積極的に前に攻撃参加を見せるようになりました。この試合ではミキッチのゴールに繋がるパスも出しました。あのパスセンスは良いですね~。周りも塩谷の使い方が分かってきたように連携が良くなってきました。

高萩は点は決めましたが、結構パスミスも多かったです。が、時間を作るプレーや視野の広さは健在。なんとか昨季のように、もうちょっと怖いプレーヤーになって欲しい。

ヒョンジン、山岸ともに少しパンチ不足を感じました。もう少しサイドを破れるようになって欲しいですね。

次節は水曜日にホームで柏戦です。レイソルはACLと平行した過密日程の上、日曜日の試合だったのでどう考えてもこちらが有利なはず。しっかりと相手を動かして、早々に疲れさせる事ができれば確実に勝利できると思います。というか、これだけ有利ならば勝ってもらわないと困ります。

絶対走り負けるなんていう事がないように準備をして勝利を目指してください。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です