第12節 サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府

ホーム2連勝を狙った試合は久し振りの大量得点による圧勝劇。
驕りではなく、個人の質、戦力差を見せつけるような試合だったのではないでしょうか。

前半、甲府の見事な崩しによる先制点で試合は始まりました。
逆転する事のない広島は苦しい展開になったなぁ…と思いましたがわずか1分後、それを覆すように寿人の豪快なシュートが決まり同点。前半、終了間際には水本がPA前までランニング、ヒョンジンのパスを見事なトラップでシュートコースに置き、そのまま勢いよく蹴り込みます。ボールは綺麗にゴール左隅に決まり逆転に成功。

後半、驚くほどに運動量が落ちた甲府とは反対に動きが良くなる広島。特に今季からたまに見られる「行ける時には前から積極果敢にプレス」作戦が利き、完全に主導権を握ると、中の崩しとサイドからの崩しを自在に使い分け、相手を翻弄。佐藤寿人が2回の決定機を外し、嫌な感じになるも石原がPKをゲット。正直「寿人は今日蹴らないで」と思った寿人が決めて「さすが我らのキャプテン!」と手のひら返し。

その後も相手にシュートチャンスを与えず攻めまくる広島は、寿人のハットトリック、野津田のリーグ初ゴールも決まって5-1と圧勝。前節の渋い勝ちとは違った、久し振りに胸のすくような勝利でホーム2連勝を飾りました。

甲府ですが、さすが城福監督と言うべきか。しっかりとチームをまとめているというか、ちゃんと戦術が行き渡ってるな、と思わせる戦いぶり。少なくとも前半の戦い方は拮抗していました。特に柏選手のドリブル、オルティゴサ選手の当たりの強さ、羽生選手のスペースへの飛び出しの上手さは光ってました。ゴール前までボールを運んだ時にはヒヤリとさせられる殺気をはらんでました。

が、前半に相当無理をしたのか、後半になると完全にバテてしまったのがウチとの違い。前から奪いに行って取れなかったのも無駄に体力の消耗を促してしまってました。

さて、圧勝した我らが広島ですが、5得点は出来過ぎなので文句なし。でも本当であれば寿人がもう少し取れたはず、とも思います。先制された後ですぐに追いついた同点弾はこの試合一番と言って良い価値あるゴールだし、決定的チャンスを2回も外した後で、冷静にPKを沈める強さも持っています。後方からのロングボールをしっかりと収めて味方の上がりを待つ役割もこなすし、行ける時は守備で本気で奪いに行き、相手を慌てさせました。まぁいつも通り完璧なんですけど、やはりキーパーとの1対1はしっかりと決めて欲しかったですね。

高萩はまだまだかな。だいぶ調子が戻ってきた感はありますが、相手にとっての脅威にはなってないかと。それでもボールを奪われない上手さやパスの成功率も上がって来ました。これからどんどん調子を上げていって欲しい。

ヒョンジン、ちょっと目立ちませんでした。まぁミキッチがキレキレだったのでなかなかパスが回ってこなかったのですが、2点目の起点となった時のポジショニングなんかはやっぱり位置取りが絶妙でした。クロスを警戒する相手に対し、上がって来た水本にパスを出したのも良い判断。でも今節はそれだけでした。交代で入った山岸が今度は良く見える不思議。この2人は良い争いしそうです。

ミキッチの交代で入った井波も積極的に仕掛けて良かったです。ボールを持ち過ぎるシーンもありましたが、結果を早く出したいが故なのかな、と。落ち着いてくれば判断も良くなるかな。

青山は良かったですね。持ち味であるパスの散らしはズバズバ決まってました。水本も調子が良くなってきました。やっぱり過密日程が無くなるとコンディションの維持が容易なんですねぇ。

さて、ホーム2連勝を飾った広島。次節の湘南も下位に沈むチームなので、しっかりと勝ち切って3連勝を狙ってもらいましょう。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です