第11節 サンフレッチェ広島 vs 大分トリニータ

上位チームについていきたい広島としては落とせない一戦。
未だ勝ちのない大分としては是が非でも取りに行きたい一戦。

結果は順位が如実に表す通りの内容で広島が完勝。1~2度危ないシーンは作られたものの、ヒヤっとするシーンはほぼ皆無。増田以上に安定感のある大分の宝が古巣の攻撃をしっかりとシャットダウンし無失点で試合を終えました。

広島としては相手がこちらのやり方に慣れる前に点を取れたのが幸いしました。あれが試合を楽にしたと思います。大分としては失点以降、落ち着いてやれただけに最初のバタバタした時間がもったいなかったでしょうね。

という事で、最下位に沈む大分を相手にしっかりと勝ち切れるのか?というのが命題でしたが、その最大の目標はクリアー。ただし、何度か訪れた決定的チャンスを決め切れず1点止まりだったのは課題だったと思います。

もちろん1点でも相手に全く付け入る隙を与えなければ問題はありませんが、広島の守備は事故が起こり易い守備だと思います。比較的相手に自由に持たせ、ちょっと2~3人で動かされたらフリーにさせてしまい、サイドからクロスを上げられる。この試合でも何度かそういうシーンを目の当たりにしました。幸い精度の問題で大事には至りませんでしたが、混戦の中で押し込まれるという事は起こり得ます。

だからこそ、最後の5分くらい攻撃にいかず「自分達でボールを保持して試合を終わらせよう」という意識に少し腹が立ちました。突破をすれば大チャンス、クロスを上げたら面白い、というシーンでも無理をせず繋いでましたが、あれは「無い」と思いますわ。まして1-0です。取れる時は貪欲に狙いに行かなくてどうするの?ずっと保持したまま試合をクローズできれば良いですが、何回か奪われて攻め込まれてるじゃないですか。(もっとも奪われた後の守備の切り替えは確かに良かったけど)ちょっと最後の振る舞いは納得できませんでした。

選手ですが、この試合でリーグ初先発となったパク・ヒョンジン。かなりフィットしてきましたね。ポジショニングが良いし、クロスの精度も上がって来ました。寿人の要求にも応えられるようなクロスも出せるし、ミキッチと合わせて両翼が強力になってきた印象を抱かせました。逆にポジションを奪われた格好の山岸。奪い返すべくテンションを上げて欲しいです。

塩谷、開幕数戦のような無難なプレーが影を潜め、徐々に攻め上がりを見せたり、縦への意識を強めたり、ギラギラしてきました。そういう塩谷が見たかった。得点も決めたし、ますます調子に乗って欲しい。

水本はだいぶコンディションが良くなったかしら?相変わらずパスセンスは無いですが、守備の力強さが戻って来ました。千葉ちゃんはいつも通り文句なし。そして今日は森崎和幸が前節と違って躍動。運動量も豊富で読みの鋭さが戻ってきてました。前節、元気の無いプレーだったから大丈夫かしら?と思ってましたが問題なさそうです。

高萩はまだかな。リズムはだいぶ作れていましたが、もっと厳しい相手にもやれるかは不安。でも高萩だったら問題ないかなーと思ってます。

それから今日の交代枠、一つ余しで両サイドのみでしたが、あまり効果的でもないし意図が分かりませんでした。まぁ疲労が主な要因だとは思いますが、それよりも寿人(石原)下げの野津田とか、青山(カズ)下げの岡本、もしくはミキッチであればソッコでなく井波に経験を積ませる方が良かったんじゃないかと。

まぁ兎にも角にも久し振りの勝利。試合数は1試合少ないながら順位も5位にまで上がってきました。このまましっかりと上位陣に喰らいついて優勝争いに加われる事ができれば俄然面白いですね。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です