ACL サンフレッチェ広島 vs 北京国安

ブニョドコル戦と同じようにして同じように引き分けた。うーん、もう言う事は無いですね。

何というか…残念。せめて最後は意地を見せて欲しかった気がしますが、淡々と試合が進んで終わった印象。試合自体はどちらかと言うと広島のやりたいようにやれましたが、何でしょうね?是が非でも点を獲りにいった、というガツガツさがありませんでした。

こうしてJ王者である広島は1勝も出来ずに敗退しましたが、仙台、浦和には不甲斐ない我々の分も頑張ってもらいたい。

記者会見で森保監督が「勝てなかったのは、監督としての自分のマネジメント力が足りなかったから。もっと自分自身が力をつけないといけない」とコメントしてました(J’sゴール)が、本当にその通りだと思います。それでも予選敗退が決まってからの開き直った采配は評価したいと思います。できれば来年また戻ってきて、今度は森保監督がどのような采配を振るうのか見てみたいところ。少しずつ若手を馴染ませながら一つのチームとしてまとまっていけるようにマネジメントしてくれれば、また一段と強くなれますよ。

さて、ブニョドコル戦とほぼ同じメンバーで臨んだ広島ですが、目を引いた選手として増田。安定感がパないのう!不安定な原よりも余程どっしりと構えて最後までゴールに鍵を掛けてくれました。西川の牙城は相当高く、出場機会なんて限られてしまいますが、これだけのキーパーが控えているというのは広島にとって心強いです。

それから(長い出場時間での)2戦目となった川辺。ここに来て非常に良い動きをしてました。密集でボールを受けても上手くキープ出来るし、相手をかわす動きも才能を感じます。トラップも綺麗で、唯一この試合で可能性のあるシュートを放ちました。この状態を維持できるのであれば正直、野津田よりも重宝される存在となり得ます。

その野津田、この試合でも「ガッカリ感」漂うプレーに終始しました。これまで割と何度も試合に出場してますが、目立った活躍は出来てません。それなりに「上手い」プレーはありますが強烈なプレーとなると印象が薄い。既に伸び悩んでるんじゃないかと不安で堪りません…。

ゴールを決めれない事が焦りの原因かもしれませんが、その前に90分トータルでの自分の働きを見つめて欲しい。本当に良い働きをしていればゴールなんてそのうち決まります。功を焦らず、まずはチームの中で役立つ動きをして、狙えるシーンがあれば狙っていくぐらいの感覚で良いじゃない。そうすればこの試合みたいに、力が入り過ぎて打った瞬間に「あ、フカしたわ」と枠に飛ばないシュートも無くなるでしょう。

両サイドバックの井波とヒョンジン。良いじゃないですか!特に井波はミキッチを意識したかのようなドリブル突破やアーリークロスもあり、中とのタイミングさえ合えば良いアシストを量産しそう。これはリーグ戦に向けても非常にポジティブな収穫です。ヒョンジンも井波ほど目立ってはいませんでしたが、足元の上手さや対人の強さ、運動量の多さが目立ってました。彼は試合を重ねるごとに良くなっています。後はクロスの精度がいつ上がるの?ってところでしょうか。いや、マジで。

中島はもうちょっとキツイかな。不用意なプレー、軽いプレーが多過ぎます。90分トータルよりもピンポイント起用ぐらいじゃないと「やらかす」事が増えそう。現に何度かピンチ招きましたし…。

あと岡本はもっと我を強くして欲しい。安全なパスよりもチャレンジを繰り返して欲しい。何度かそういうプレーは見れるのだから、もっとやり切って欲しいな、と。悪くないけど良くもない。これだと青山やカズよりも先に使いたくなる、とは監督もならないでしょう。

選手層が薄い。それは開幕当初から分かっている事で、ACLを勝ち抜く体力も無い事は承知していました。が、それでもせめて一勝はして欲しかったというのが本音。結局、一勝もできずに終わってしまいました。

この悔しさを胸に来年もACLに挑戦できるよう、リーグ戦を頑張ってもらいたい。
頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です