第7節 ジュビロ磐田 vs サンフレッチェ広島

おしんのように耐え忍んで粘り強く戦った広島は敵地にて2-0の完封勝利!今季初の連勝となり、リーグ順位も4位と上位につける事に成功しました。

この試合のMVPは何と言っても西川!もう彼に尽きるでしょう。
決定的なチャンスが2~3回ありましたが、どれも西川の絶妙なポジショニングと反応スピードにより得点を与えず。得意のパントキックは風の影響もあってか、ズレる事が多々あり、相手にボールを渡してしまってましたが、まずは一番大事な仕事である「ゴールに鍵を掛ける」事に関しては文句のつけようがありません。

試合自体は終始磐田ペース。前線からの激しいプレスに広島は「らしい」繋ぎを見せる事も出来ずに、セカンドボールを奪われては波状攻撃を受けるという悪循環。攻から守への切り替えが早く、得意のカウンターも遅らせられ、なかなか攻め手が見つかりませんでした。

しかし苦しい時には無失点で凌ぐ、という昨季の戦いを取り戻した広島は粘り強く守り、言い換えれば、あれだけ圧倒的に攻められながらも2~3度のビッグチャンスしか与えませんでした。

後半の終了間際には、途中出場の野津田のアシストによる石原のゴールも決まり「2-0」。最後まで相手にゴールを与えず無失点で試合を終わらせました。

ロングボールの多さから「ジュビロが前掛かりで奪いにきてるから裏を狙おう」という意図が分かるのですが、何というか「慣れてない」感じがしてちょっとアカンかったです。全然相手を押し下げれてないし、裏に飛び出す人間も寿人以外いないし、まだまだ自分達のオプションになり切ってないです。が、相手の出方によって戦い方を変えてくるのは戦術の幅が広がって良いと思うんでチャレンジは続けて欲しいです。

気になった選手ですが、佐藤寿人は数戦前の不調は何だったのか、と疑いたくなるぐらい絶好調。相手GKに詰めてミスを誘ってからの先制ゴールはラッキーな部分はありますが、本気で寄せにいったからこそのご褒美でしょう。それから前線での楔、タメの作り方が本当に一級品で、足元の上手さ、ドリブルも上手いですよね。

石原はちょっと噛み合っていないというか、味方とのパスがことごとくズレてる感じがしました。「うーん、今日は寿人じゃなくて石原を下げて野津田が良いかな」と思ってましたが、その野津田のアシストを受けてゴールするんだから何とも。というか、石原はワントップになるとボールが収まって、寿人とは違う攻撃のワクワクがあるから、これはこれで良いんですけど。

他はほとんど守備に追われていたから目立った事はありませんかね。全員、最後のところは2~3人で囲んで体を張っていたので褒めてあげたい。それでも最後は西川のお陰がありましたけど。

今季の序盤はACLとの掛け持ちや選手の離脱もありなかなか調子が上がりませんでしたが、ようやく調子が戻って来ました。Jリーグには申し訳ないですが、ACLは主力温存で臨んでもらいたい(連れていく事もせずに)。守備陣は手薄なのでどうしようもないけど、それ以外の場所はそれなりに控えもいるのでメンバー総入れ替えぐらいの気持ちで良いです…。情けないけど、早々に予選敗退した以上、残り試合に主力を投入するぐらいの余裕がウチには無いです。

そしてリーグではアウェイの名古屋戦で連勝を決めてもらいましょう!
頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です