第5節 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス

絶好調のマリノスを迎えてのホームゲーム。
今季ホームゲームで勝利を挙げていない広島としては是が非でも勝ちたい試合でしたが、現在のチーム状況そのままを表すように攻守に渡って広島を圧倒したマリノスの勝利。広島は念願のホーム初勝利がまたしてもお預けとなりました。

今日のメンバー、プレーを見る限り、選手の質は決してマリノスに劣っているとは思いませんでしたが、チームとしての組織力で圧倒的に差を見せつけられた試合だったと思います。その最たるものは守備。ボールを奪われた瞬間からすぐにボールホルダーにプレッシャーをかけ、パスの選択肢を無くして無理なボールを蹴らせてセカンドボールを拾って波状攻撃という、非常に組織だった守備と攻撃。その攻撃も広島の守備の間で受け、2~3人がボールに関わって出し所を増やして攻めきるという、もう手も足も出ない感じでした。

やっぱり守備が凄い良いんですわ。敵ながら美しいというか、あれは本当に広島も見習ってもらいたい。マリノスは11人で守備をしてるのに広島は前線以外の8人での守備なんですよね。そこが大きく違います。あの中村俊輔も積極的なファーストディフェンスで広島の落ち着きどころを無くしてました。いつまでこの快進撃が続くか分かりませんが、しばらくは独走しそうな感じです。

昨季のホームゲームは広島の良い所を消してくる戦術で快勝されましたが、今節は自分達の戦い方で打ち破って来た、て感じなので正直広島のこれまで培ったアドバンテージをあっさり越された気がします。ちょっとショック。

まぁ好調なチームなんて全ての歯車が良いもんさ、という事にして広島の選手。

まず青山の代わりに入った岡本。凄い良いですなー。試合を重ねるごとに自分の色を出してきたというか、青山に似た力強さを発揮し、更に運動量の多さも見せてくれました。マリノスの試合だったので、なかなか活躍できませんでしたが、充分な仕事をしてくれたと思います。

それから最近疑問符がついていた塩谷。ようやくこの試合で積極的にチャレンジする塩谷になりました。流れを変えるためにドリブルで相手陣内まで持ち込んだり、バックパスよりも前への縦パスを選択するシーンも増えてました。良いよ良いよ!それぐらい前向きな気持ちでこれからもやって欲しいですね。

千葉ちゃんは相変わらずコンディションの波が無く良かったし、両サイドのミキッチ、山岸も好調に見えました。高萩はこの試合でも能力を発揮していたと思いますし、気合いが違って見えました。本当に「10番」だな、と。

石原は周りのフォローが無かった為か、孤立するシーンが多く、無理なドリブルで相手に囲まれて奪われるシーンが何度もありました。もうこれはマリノスのディフェンスが素晴らしく広島の選手が自陣に張り付かされていたが故、仕方ない部分もありますが、あそこは無理に仕掛けずに時間を作って味方の押し上げを待って欲しかったところです。

佐藤寿人、久し振りに「良くない」と思いました。前半、高萩とワンツーで抜けだしたシーンはシュートを打って欲しかったし、楔でボールを受けてもロストするシーンが多かったですね。前節の清水と一緒でマリノスが良過ぎたのか、寿人がコンディションが落ちたのか分かりませんけど、決して及第点では無かったと思います。

こうして見ると選手個々は良かったんですけどねぇ…。チームとして完全に負けてました。

ナビスコカップ以降、調子があまり上がらない今季のサンフレッチェ。
怪我人の多さも理由の一つだと思いますが、代わりの選手が頑張って何とか乗り切ってもらいたいものです。特に若手の選手はこれをチャンスと捉えてギラギラやってもらえれば、広島の未来も明るいものとなります(少なくとも岡本はチャンスをモノにしつつあります)。

これからすぐにACLもあり、厳しい戦いが続きますが頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です