ACL サンフレッチェ広島 vs 浦項スティーラーズ

ACLグループリーグを2連敗してからの大事な3戦目。

結果は伴わず0-1の敗戦。3連敗を喫してGL突破は絶望的となりました。

終了直後は本当に腹が立って、「Jリーグを代表してんのに何なの?やる気あるの?」とホームの試合でありながら、消極的な試合運びしかできなかったチームが不甲斐なくて情けなかったです。

が、冷静になった今、開幕当初から過密日程での戦力不足を指摘されているのを思い出し、むしろこの過密日程で経験不足の若手を試す事、育てる事が今年の意義だと自分なりに覚悟を決めていたので、敗戦の痛みもしっかり消化できました。

岡本は相変わらず無難なプレーに終始してましたが、後半10分過ぎあたりからはパク・ヒョンジンへのロングパスを通したり、自分でボールを持ち出したりと積極性を見せてくれました。「青山(仮)」て感じ。そしてヒョンジンも相変わらずクロスが「あじゃぱー」なんですが、同じく後半過ぎからは良い位置でボールを受けたり自分で仕掛けたり、ライン際のボールに食らいついたり、前回の出場よりも成長を感じました。野津田は自分のプレーが出せなかったのが残念だし、シュートが相変わらず枠に飛ばなかったけど、まだまだそれも経験だと思ってます。

何もできなかった悔しさもあると思いますが、これを糧にして将来のサンフレッチェを担ってくれるのなら少ない収穫ながらも良かったんじゃないでしょうか。

寿人がコメントで言ってます。
「チームとしても、積極的なミスができる雰囲気や、環境を作ることが大事。注目もされる試合だと、経験の少ない選手にしてみれば、ミスをしたくない思いが強くなる。そうするとバックパスの回数が増えてきてしまう。そこで前を向けるかどうか。前を向くために、周りがよりサポート、動きを多くつくる必要も出てくる。そこはチーム全体としての課題。」(J’sGOAL

前々回ぐらいで塩谷について言及しましたが、寿人のこのコメントがまさしくそうなんですよね。もうちょっと積極的に仕掛けて欲しい。出来るんだから。

でも石川。アレはダメだ。まるで成長してない。

あれだけ試合に出場しながら、その殆どで試合に関われないのは、もう論外でしょ。正直、来季居なくても良い選手ナンバー1です。ボールへの執着もない、突破もできない、クロスも上げれない、裏にも抜けれない、ポジショニング悪い、守備が淡白。今回の失点シーンも彼のズルズル下がる、守備になって無い守備からです。あぁダメだ。悪口雑言がいくらでも出てきます。

そんなわけで気持ちを切り替えてそれ以外の選手。
守備陣ですが千葉ちゃん、一人頑張ってたね。カウンター時の守備の戻りも一番早く、後ろからのビルドアップでも局面を打開しようと気張ってました。相方が岡本だったから後半途中までなかなか上手くいかなかったですけどね。本当、頭下がります。

高萩は急きょの途中交代で前半、なかなかボールに関われないと焦りからかいつもの如くパスミスが多くなるのですが、ボールに触れる時間が多くなるにつれドンドンと輝きを増します。最後は高萩無双でした。今、ザッケローニ監督に一番に見てもらいたい選手です。

石原は孤軍奮闘で難しいボールも頑張ってましたね。寿人はほとんど試合で消えてたので、もう少し積極的にボールを貰いに下がっても良かったんじゃないかな。ミキッチはもうキレキレ。30分ぐらいの出場で5~6回はクロス上げたでしょう。マリノス戦も期待してます!

青山はちょっと心配。でも自分の不用意なパスミスから起因している事を考えると、うーん…踏んだり蹴ったりですな。実際は蹴られたんですけど。

さて、これでACLはほぼ終了です。
現有戦力であれば、これが実力なんだと思います。それはもう仕方ない話で、それよりも今週末のリーグ戦。しっかりと気持ちを切り替えて横浜Fマリノス戦に臨んでもらいたいところ。ホームでの初勝利を期待してます。

頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です