CWC サンフレッチェ広島 vs オークランドシティ

遂に始まりました!クラブワールドカップ。

今年のリーグを制覇したサンフレッチェはラッキーな事に開催国枠で出場する事が出来ました。こういう大きな大会でサンフレッチェが注目されるのは本当に嬉しい事です。

初戦はアマチュアクラブのオークランドシティ。まずはここをしっかりと勝って次戦に弾みをつけておきたいところ。

試合は序盤から広島がペースを握るものの、なかなかゴール前での攻防が観られず渋い試合。まぁ正直、サンフレッチェを全く知らない一般の人が観たとしたら「つまらん」という内容です…。

後半に入ると地力で勝るサンフレッチェが徐々にゴール前でチャンスを作れるようになってきます。そして後半20分。青山がミドルレンジからシュートを打つと、それまで再三好セーブを見せていたGKが「枠外だな」と見送ります。ところがボールはゴール前で軌道が変わりそのままゴールマウスに吸い込まれ、サンフレッチェが遂に待望の先制点を挙げました。

その後、危ないシーンを1,2度作られますがしっかりと西川が防いで完封。見事初戦突破を果たしました。

正直、ここまで固い試合になるとは思いませんでした。
エンターテイメント的に言うと「つまらない」試合だったのは否めません。驚きだったのはオークランドシティが意外にもしっかりと広島対策を行ってるな、という事。とにかく前3枚をしっかりと抑え込んで自由にさせてもらえませんでした。その分サイドが空くものの、なかなか普段のJリーグと間合いが違うのか、パスが合わずミスを連発。特に前半は、らしからぬプレーが多かったです。

天皇杯でやらかした事もあり、結構緊張した試合だったと思いますが、慌てずにこういう試合をモノに出来るのも今のサンフレッチェなのかな。

選手ですが、まずやっぱり青山。
ボール捌き、ボールタッチ、シュート、広島の選手の中でも髙いレベルをキープしている青山がこういう大きな大会で輝いたのは嬉しいですね。本来、もっと注目されてしかるべき選手なのは間違いない。特に今年はケガもなくコンディションを維持できたのは大きいです。

逆に青山の吸いつくようなボールタッチと比べて、いつもトラップを弾いてしまう森崎浩司。特にこの試合のようにしっかりとマークされた時には全然ダメ。頼むから石原を先発でお願いしたいです。素人目線でいくと絶対石原でしょう。今年のリーグでも前半戦の躍進は石原のお陰でもあります。寿人、高萩、石原。この3人のコンビネーションが見たい。本当、もう頼むから…。

ミキッチは相手が相手だけにキレキレ。清水は一番最初に交代させられたのも致し方なし。ちょっとナーバスというか緊張していたのか、積極性に欠けてました。むしろ後半の頭から替えても良い出来でしたね。逆に清水にポジションを奪われた山岸は「奪い返さん」という意気込みで試合に入ってました。この二人は良い競い合いだな、と思います。

千葉ちゃん、森脇、水本、西川は相変わらず安定感抜群。高萩は良いプレーと悪いプレーが混在していました。相手の足の長さに最後まで戸惑ってましたね。佐藤寿人、徹底的にマークされていました。いや、相手のセンターバックはなかなか凄い。抜群の抜け出し!と思っても、最後に足を出して止めてきますからね。

それから森保監督の交代には納得ですが、先程も書いたように石原の扱いをもっと重要視してもらいたいです。この試合では後半のロスタイムでしたが、せめて後半10分ぐらいには入れて欲しいですよ。

まぁとにもかくにも大事な初戦は突破しました。
次はアフリカ王者「アルアハリ」とですが、相手は積極的に攻めてくるでしょうから恐らくここまで固い試合にはならないと思います。失点のリスクはあるものの、逆に広島が得意とするカウンターのチャンスも増えてきます。上手く先制点を奪えれば勝てる確率はグッと上がりますので、DF陣には踏ん張ってもらいたいところ。

南米王者への挑戦権を手にする為にも頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です