今季のサンフレッチェ広島を振り返る

現金なものでJリーグアウォーズなるものを初めて観ました。

優勝チームの扱いが凄すぎます。いや、何とも誇らしい気分になりました。そして佐藤寿人が個人賞4冠。色々報われて本当に良かったです。森崎和幸がベストイレブンに選ばれなかったのが悲しいですが、チャンピオンチームとしてあそこに立てた事は嬉しかったです。

それにしてもベストイレブンが仙台から1人しか選ばれませんでした。うーん、正直赤嶺は選ばれないとおかしいと思いますが…。

さて、明日にはいよいよCWCが始まります。
広島のシステムに慣れていない初見相手であれば、結構良い試合が出来るんじゃないかと期待しています。とにかく自分達の特徴を出し切って世界にアピールして欲しいですね。

という事で、もう少しサンフレッチェの戦いは続きますが、リーグの全日程が終了したので、個人的に書いておきたい事をそれぞれ書き出してみたいと思います。

■ 最も活躍した選手

やっぱり佐藤寿人かな。
決定力はもちろんですが、前線でのタメの作り方も上手いし、意外にドリブルでもいけるし、何よりチームを鼓舞して抜群のリーダーシップを発揮したと思います。また、コンディションの好不調が少なく年間通して安定した活躍を見せてくれました。

次点として森崎和幸。
森脇と並んで試合の終盤になるにつれて存在感が大きくなる貴重な存在。飛び出しのタイミング、ボール奪取能力、安定したパス能力。年間を通してコンディションが良く、最後尾からの攻撃の起点となってくれました。

■ 最も成長した選手

少し悩んだのですが清水ですね。
山岸が離脱して先発を掴んだ2~3試合は消極的にも見えたし、変にボールを持ちすぎて攻撃のリズムを崩したりしてストレスが溜まってました。が、ふと気づくと小さいわりにハイボールに競り勝ったり、良い守備を見せるようになって徐々に見方が変わりました。ドリブルにも自信がつき、良いタイミングでの裏への飛び出しとか見せたりと、完全に主力の一員になってました。彼の成長なくして優勝は勝ち得なかったかもしれません。

次点として高萩。
広島対策をやられると行方不明になる事が何試合かありましたが、昨季あたりから堅実なプレーも増えて安定感が増しました。運動量も増えてコンスタントに持てる才能を発揮。今季のパフォーマンスによって他チームのサポーターにも「高萩上手いな」じゃなくて「高萩怖ぇー!」という印象をかなり与えたと思います。でも成長度合いからいくと清水が急上昇し過ぎ。

■ 最もエキサイティングだった試合

第16節 アウェイのベガルタ仙台戦。
首位攻防戦となったアウェイ仙台戦は両チームとも持ち味を存分に発揮した極上の試合だったと思います。激しく、しかしクリーンにぶつかり合う両者はミスも少なく非常に引き締まった「首位攻防」に相応しい内容でした。満員のスタジアムにも臆せず自分達のサッカーを貫いたサンフレッチェに逞しさを感じ、チームが変わったという事をこの試合で実感しました。

■ 最も嬉しかった試合

まぁこれは当然ですが、ホーム最終戦のセレッソ大阪戦です。
まるで優勝のプレッシャーなど忘れたかのような躍動感。その前のアウェイ浦和戦で悪いもの全てを置いてきたような、良い意味で開き直った結果だったのかな、と思います。そして仙台が残留争いに沈む新潟にまさかの敗戦。あの時の歓喜はまだ覚えています。

次点は第8節 アウェイの川崎フロンターレ戦。
怖い怖い等々力でまさかの得点祭り。苦手を一つ打ち破った事で「今年はもしかすると…」なんていう欲目が少し沸いた試合でした。

■ 少し悲しかった事

サンフレッチェを好きになったのが遅かった事。
私には寿人やカズが口にする「苦しい事の方が多かった」事にうなずけるだけの想い出がありません。サンフレッチェが確固たるチームの基盤を築き上げてJ1で躍進する幸福な時の方が多いです。(もっとも2011年の閉塞感は感じましたけど)

だから昔から応援しているサポーターの人。J2に落ちても応援し続けた人は本当に報われて良かったね、サンフレッチェを応援し続けて良かったね、と思います。(まるで私がお父さんのような物言いですが)

そういう辛い経験を知らないのが幸運なのかどうかは分かりませんが、長年一緒に戦ってきた選手と気持ちを共有できるのは少し羨ましかったですね。

■ 今後のサンフレッチェ

Jリーグチャンピオンとなった我らがサンフレッチェ広島。
今年で既に戦術は身包み剥がされてしまってますが、それでもある程度良い戦いは出来てます。特に先制点を決めると相手も多少陣形を崩さざるを得ないから更にサンフレッチェらしさが発揮されます。

問題は先に失点をした場合。
強固なる守備もあくまでリアクションの守備です。だから失点してしまうとなかなかボールを奪えないし、奪ってもしっかりと相手に守りきられてしまう事が多々あります。

まずは先制点を奪われないこと。
それを前提にするのは当たり前としても、次に「先制点を奪われた」時の、取り返しに行く(リスクを伴った)戦いもしっかりとやっていきたいですよね。とにかく今のサンフレッチェは先制点に弱すぎる…。

という事で今季に関して私的に書いておきたかった総括です。
CWC、サンフレッチェ旋風を巻き起こそうぜー!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です