第32節 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

ここで勝てれば優勝へ向けて最高の形だったアウェイ浦和戦ですが、結果は0-2の完敗。仙台が引き分けてくれたお陰でギリギリ勝ち点差1で首位をキープする事が出来ましたが、残り2試合に向けて非常に不安の残る試合となりました。

試合は浦和の方が運動量が多く、気持ちの面でも個の場面でも広島を上回り、2得点とも一瞬の隙を突いた見事なもの。守備もミシャのチームにしては珍しく前からプレッシャーを積極的に掛け(ま、それ自体はそんなに上手くはなかったけど)並々ならぬ気迫を感じました。

しかし広島にとって相手以上に厄介だったのが自分達だったのではないでしょうか?試合開始早々から重圧と緊張で明らかに動きが固く、周囲を見る余裕が無いのか視野も狭く、ボールも足に付かず、気持ちと体のバランスが全然取れてませんでした。始まって10分くらいで「これ、もしかしたら今日はヤバいかな」と思ってましたが、それが現実に…。

先制点を入れられても後半に入っても立て直せず、追加点を入れられてからはパニックになったのか、守備陣形をバラバラにして攻めてカウンターを喰らうという最悪の展開。

元々「ボールを奪いに行く守備」ではなく「引いて待ち構える守備」ゆえ、先制点を入れられると非常に脆さがある広島。動きが固く、本来の力を出し切る前に先制点を入れられてしまった事が全てだったと思います。

前節、ホームで札幌を相手に積極的な攻めで勝利を収めた事により、選手達の間でポジティブなイメージが生まれていたと思ったのですが、優勝のプレッシャーはそんな甘いものじゃないよ、てところでしょうか。

次節、ミキッチと千葉ちゃんが出場停止です。千葉ちゃんの代わりは中島か塩谷でしょう。攻撃的に行くなら中島、守備を重視するなら塩谷だと思いますが、どちらが出てきても安心かな。しかしミキッチのところは絶対ファン・ソッコで行って欲しい。石川だと残念ながら不安過ぎます。まぁ全員が動きが固い中で積極的なワンプレーで皆の緊張をほぐすような事も期待できますが、ここは普通に実力でいって欲しいです。

恐らく勝ちゲームだったであろう仙台が引き分けた事により、まだ運はこちらに少しだけ向いていると思っています。後は自分達。自分達が本来の力をしっかりと発揮すれば絶対勝てます。怖がって緊張して何も出来ないまま負けて優勝を逃す、これが一番後悔する事だと思いますので、目の前のホーム「セレッソ大阪」戦にだけ集中して自分達のサッカーをやり切って欲しい。たとえ負けるにしても「これで負けたら仕方ないや」というところまで出せれば良いのではないでしょうか。いや、絶対負けちゃいけないけど。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です